介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

資料・マニュアルダウンロード

企業主導型保育事業申請マニュアル

マニュアルの構成

企業主導型保育事業は、内閣府が推進する「子ども・子育て支援新制度」の一つとして、平成28(2016)年度に創設されました。

多様な働き方に対応する保育サービスの拡大を行って、仕事と子育てとの両立が実現することを目的としています。
政府は待機児童解消加速化プランに基づき、保育の受け皿の整備目標を前倒し・上積みし、40万人分から50万人分としましたが、企業主導型保育事業により一層の保育の受け皿整備を行おうとしています。

企業が主導的に保育園を設立・運営することで、子育て世代の雇用創出による採用力の強化や、従業員の働きやすさをサポートするとともに、地域枠定員を申請する場合は、地域の子どもも保育することができるなど、福利厚生・収益・待機児童の減少など、様々な利点が期待されています。

本マニュアルでは、企業主導型保育事業を申請する上で、求められる基準や助成金等について、簡単にまとめました。 本事業参入を検討するにあたり、ご参考にいただけますと幸いです。

*企業主導型保育事業申請マニュアル*

企業主導型保育事業申請マニュアル

以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。
*マークが付いているものは必須項目です。

会社名*
お名前*
電話番号*
メールアドレス*
メールアドレス確認*

当社の個人情報保護方針をご確認頂き、同意して頂ければチェックを入れてください。

同意する

介護経営では、介護事業経営に役立つ情報を経営者・経営幹部の皆様にお届けします。定期的な情報更新はメールニュースでお伝えしますので、ご希望の場合はメールマガジン登録フォームより、メールアドレスの登録をお願いします。

介護経営 メールニュースでは、新着記事や介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや介護業界の動向など、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録