介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

資料・マニュアルダウンロード

介護事業主がハラスメントから職員を守るための手引き

マニュアルの構成

2018 年4月4日の厚労省社会保障審議会の介護給付分科会において、日本看護協会副会長の齋藤訓子委員は、訪問介護などの訪問系のサービスにおける安全面・ハラスメントの問題が顕在化しつつあると指摘。厚生労働省に実態調査の要請を行いました。 昨今、利用者及び家族による介護サービス従事者へのハラスメントが問題視されています。 過剰な要求はサービス従事者にストレスを与え、業務の遂行を妨げられます。また、別の利用者に対する虐待への発展も懸念されるところです。 介護サービス従事者の精神衛生と円滑な業務遂行を目的に、介護事業所で発生しやすいセクシャルハラスメントと、利用者や家族から受けるパワーハラスメント( またはカスタマーハラスメント ) を中心に、「介護事業主がハラスメントから職員を守るための手引き」を作成しました。事業所または業界全体で共有し、適切なサービス提供のための指針となることを望みます。

*介護事業主がハラスメントから職員を守るための手引き*

介護事業主がハラスメントから職員を守るための手引き

以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。
*マークが付いているものは必須項目です。

会社名*
お名前*
電話番号*
メールアドレス*
メールアドレス確認*

当社の個人情報保護方針をご確認頂き、同意して頂ければチェックを入れてください。

同意する

介護経営では、介護事業経営に役立つ情報を経営者・経営幹部の皆様にお届けします。定期的な情報更新はメールニュースでお伝えしますので、ご希望の場合はメールマガジン登録フォームより、メールアドレスの登録をお願いします。

介護経営 メールニュースでは、新着記事や介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや介護業界の動向など、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録