介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

資料・マニュアルダウンロード

都道府県が指定する指定居宅介護支援事業所向け診断情報提供書(書式)

この書式は退院時にケアマネが医療機関に依頼して記載してもらう様式です。

病状などもそうですが、医療系サービス(訪問看護、訪問リハ、通所デイ等)が利用者に必要か否かを判断してもらうための重要な情報提供書です。
基本的に医療系サービスは主治医の指示書が必要になってくるので、その前段階でケアマネが事前に把握できるよう工夫されています。

医療系サービスを主治医が必要であると認めたとしても必ず利用する必要はなく、あくまでも利用者の判断に委ねられます。
しかし、逆に利用者の状態像が変化し、医療系サービスが必要になった場合にもスムーズに主治医の意見書があるので指示書が書いてもらえるというメリットがあります。

医療機関側も診療報酬が算定できるので(250点)、主治医によってはすぐに書いてもらえる場合と遅い主治医もいるので、そのことを勘案し提出するタイミングをケアマネも把握する必要があります。

「厚労省・別紙様式12の4」に準拠しており、「診療情報提供料(Ⅰ)250点」が算定できる、「都道府県が指定する指定居宅介護支援事業所向け診断情報提供書」はこちらからダウンロードできます。

*指定居宅介護支援事業所向け診断情報提供書*

指定居宅介護支援事業所向け診断情報提供書

以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。
*マークが付いているものは必須項目です。

会社名*
お名前*
電話番号*
メールアドレス*
メールアドレス確認*

当社の個人情報保護方針をご確認頂き、同意して頂ければチェックを入れてください。

同意する