介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

企業情報

協同組合 ウェル国際技能協力センター

企業紹介

  • well.png
協同組合ウェル国際技能協力センターは、外国人技能実習生受入を考えておられる企業様をサポートします。
外国人技能実習生受入の監理団体としての業務は、2016年度から開始したばかりの新参者ですが、司法書士を始め、行政書士、社会保険労務士などの有資格者が組合内に在籍し、また、日本語の堪能なベトナム人スタッフもいます。また、母体となるウェルグループ内には、日本語学校も保有しているため、技能実習前の講習から日頃の労務管理、生活相談等、すべての面で安心してお任せいただけます。

事業内容

1)外国人技能実習生共同受入事業及び外国人技能実習生共同受入に係る職業紹介事業
2)高齢者対応住宅の建築・リフォーム工事の斡旋
3)高齢者向け住宅の研究開発事業
4)共同購入
5)経営及び技術の改善向上又は知識の普及を図るための教育及び情報の提供
6)福利厚生に関する事業

会社名

協同組合 ウェル国際技能協力センター

住所

〒630-8013 奈良市三条大路5丁目2-61

電話番号

0743-55-0025

FAX番号

0743-55-0120

URL

http://www.wellgroup.jp/well-iscc/index.html

メールアドレス

well-iscc@wellconsul.co.jp

情報・ニュース

  • 記事はありません
  • 外国人技能実習生共同受入事業

    企業名協同組合 ウェル国際技能協力センター

    最終更新日:2017/03/03

    【「介護」に関する技能実習生受入にも対応】
    2017年2月現在は、建築関係、耕種農業、惣菜製造業を対象に技能実習生の受入事業を展開しております。
    「介護」が技能実習の対象に加われば、「介護」の技能実習生受入れにも対応します。

    【日本語教育重視】
    今後、「介護」技能実習生が、施設利用者様とのコミュニケーションを円滑に図るために最も必要なのは日本語能力だと考えています。
    そのため、入国時に日本語能力「N3」習得を基本として、現地での日本語教育を実施する予定です。
    また、「N3」に合格できずに入国する技能実習生でも、当組合で講習(有料)を行い、「N3」までのレベル向上を目指します。
    当組合の母体となるウェルグループ内に、ウェル日本語学院という日本語教育機関を有しているからこそできる教育体制です。

    会社・製品・サービス情報資料ダウンロードはこちら

    wel0303.jpg

    資料をダウンロード

    問い合わせる

取扱商品はございません。
取扱商品はございません。