介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2017年11月28日

未払い残業代請求 2年→5年へ の備え

523 views

福田 秀樹氏 (特定社会保険労務士/株式会社福田式経営研究所 代表取締役)

時効が2年から5年へ延長に

厚生労働省は未払い残業代の支払いを請求できる期間を延長する方針です。労働基準法は過去2年に遡って請求できるとしていますが、それを最長5年に調整するとのことです。

延長する理由は、長時間労働の抑制につなげたいという意図がまず挙げられます。

また、平成29年5月に成立した改正民法では賃金の支払い請求ができる期間を1年から5年に決定しました。”最低限度の基準を定めた”労働基準法の請求期間が2年であることはその立法趣旨に反し、矛盾があることがあげられます。

厚生労働省は年内に検討会を設置・議論し、来年の夏を目途に労働政策審議会で具体的な消滅時効の議論をするとしています。法改正が必要と判断された場合、2019年に法案を提出し、2020年にも施行するとしています。

労働時間を把握・管理して会社を守る

上記の請求期間が5年になると、現在と比べ単純計算で全体で2.5倍以上の未払い賃金が発生するといわれています。

私は、法的なガードが緩い、一部の中小企業(特に運送業)は未払い残業代問題で倒産の危機に瀕する会社もあるのではないかと思います。弁護士のサービス残業ビジネスとしても”おいしさ”が倍以上になるので、女性の低い声でテレビ・ラジオで、さかんな広告宣伝・勧誘が行われるでしょう。「未払い残業代がないと思っている人(管理職・営業職含む)も相談ください、事務所への交通費は無料、数十万円から数百万円単位でお金が戻ってくる可能性があります!●●●法律事務所へ。急いでください!」なんて。

裁判や労働行政の考え方は、タイムカードを使用している場合、開始の打刻から終わりの打刻までを、それが労働時間であったと推定します。それが労働時間でないと会社が言いたい場合は、その推定を反証によって覆す必要があります。具体的には、残業許可申請書や残業命令簿等による反証となります。しかし、客観的な記録であるタイムカード等と残業許可申請書等の乖離が大きい場合や、残業許可申請書等が30分単位でしか記録がない場合等は、それが本当なのか?に疑義がつきます。

タイムカード等の客観的な記録は法的に強いのです。逆に、タイムカード等の客観的記録が存在しているのに、従業員の日記やメモに打刻前や打刻後も労働していたのだ、というのは、今後は労働者側がその反証を覆す必要があるので、労働者側の主張は難しいとなります。

したがって、これからの労働時間の把握・管理は、

(1) タイムカード等の客観的な記録と残業許可申請書の乖離は30分以内とする。

(2) 残業の記録も1分単位とする(計算上、1日単位で15分や30分の切り捨てをしない)

(3) もし30分以上の乖離があった場合は、その差異時間は何をしていたのかの記録をしておく

とりあえず内容証明郵便で請求書を送ってくる人物も増えるはずですから、企業防衛としての労働時間の把握と管理発想が求められるでしょう。

*福田氏が顧問を務める「労務顧問サービス」の資料ダウンロードはこちら*

労務顧問サービス資料ダウンロード

[PR]中小企業のメンタル問題を見抜く不適性検査スカウター
1名500円~ 今なら3,000円分のお試しクーポンプレゼント
不適性検査スカウターを使ってみる(無料)

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

新着記事

  • M&A 売り手・買い手の集め方

    M&Aを成功に導くポイントは、良い仲介会社と付き合うことです。 では良い仲介会社とは、どのような会社でしょう?  もちろん色々な要素はありますが、あえて1番のポイントを…

  • M&A、会社売却のタイミングとは

    自社を売却するタイミングについて、一般的には業績下降時は、企業価値が過小評価されやすく、買い手を見つけるのが難しいです。 逆に業績が上向いている時は、企業価値が高く評…

  • M&A、会社を売却する4つの理由

    中小企業のオーナー経営者が事業を売却しようと考える理由は、主に4つに分かれます。 それぞれについてみてまいります。 後継者不在 社内に社長の子供など親族の…

  • M&A、売り手の意思決定に影響すること

    売り手が売却に進んだ時、買い手企業との条件交渉において、売り手の意思決定に影響を与える事柄について整理してみます。 M&Aは、売り手企業と買い手企業との条件交渉。何を重視…

  • M&A、売り手と買い手のマインドは

    売り手と買い手が仲介会社のサポートで出会い、トップ面談により意気投合し、基本合意契約を締結したとしても、最後までどうなるか分からないのがM&Aの世界です。 売り手企業…