介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2017年9月26日

年俸1700万円の医師に残業代を払う時代の賃金管理

336 views

福田 秀樹氏 (特定社会保険労務士/株式会社福田式経営研究所 代表取締役)

年俸1700万円の医師が残業代の請求訴訟で最高裁まで争い、判決が出ました(平成29年7月7日最高裁ウェブサイト掲載)。医療法人と医師との間の雇用契約にて、時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意がされていたとしても、それは割増賃金を支払ったことにはならないとされました。

最高裁がいうのは、1700万円の年俸の区分性でした。残業代というのは、労働者の労苦に対する対価という意味ももちろんありますが、使用者に残業代を支払わせることによって、労働時間を抑制することに力点があります。

したがって、高い給与を払っていても管理監督者ではない限り、基本給部分と残業代部分を区分しておかないと、労働時間と残業代の対応がわからず、労働時間の抑制機能が働かないことになります。最高裁は区分性ということをもってバッサリと残業代の未払いを認定したのです。

一般の事業会社では、役員や管理監督者以外で1700万円をとっている人はレアケースです。

定額残業代を考えるときに、仮に基本給100万円×12ヵ月=1200万円の高度専門職を雇用したとします。

年俸1200万円も払ってるし、裁量性のある仕事をしているし、残業代を含んで払っているんだよ、くれぐれも残業代を追加でくれなんて言わないでよね、と合意していたとしても基本給一本はダメだといわれるわけです。ですから、たとえば、基本給69万円と定額残業代31万円(月間60時間の残業代)とします。そして、実際の残業代が定額残業代を超過したら超過した分を払うという合意をする、これが条件になります。

上記の合意をしたとしても、その次に問題となるのは、医師や裁量性の強い職務に従事する者には労働時間管理はなじまないので、実際の時間管理(把握)をして超過分を払っていない、ということが起こります。

この超過分を払うことが定額残業代の要件になるか、というと裁判例が割れているようです。1回も超過分を精算していないとか、そもそも精算する体制にない場合は定額残業代そのものが否認されてしまうかもしれませんが、そうでない場合、超過分を払うことは今のところ要件とまではいえないようです。

ただし、昨今の裁判・労働審判では超過分を払っていないことに言及されることも多いので、注意が必要です。

管理監督者でない高額給与の方には、定額残業代を設定せざるを得ないですが、定額残業代が残業代として認められる留意点は以下の通りとなります。

① 就業業規則及び雇用契約書などで、定額式の時間外手当であることが明示され、周知され、合意されていること

② 固定残業部分が他の部分と明確に区分されていること 

③ 何時間分の時間外手当なのか明示され、その計算根拠が明確であること

④ 勤務時間を記録していて、超過分を払っていること

⑤ 月間80時間以上の残業時間を設定するような公序良俗に反するものではないこと

*福田氏が顧問を務める「労務顧問サービス」の資料ダウンロードはこちら*

労務顧問サービス資料ダウンロード

[PR]中小企業のメンタル問題を見抜く不適性検査スカウター
1名500円~ 今なら3,000円分のお試しクーポンプレゼント
不適性検査スカウターを使ってみる(無料)

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

新着記事

  • M&A買収成功のポイント

    会社や事業を丸ごと買うM&Aは、まさに大きな買物です。中小企業であっても、買収価格は数千万から数億なんて値段がついたりします。 ヒト・モノ・カネに制約のある中小企業が、初…

  • M&Aのノンネームシートとは

    通常、売り手企業が仲介会社に売却を依頼する時、最初に作成するのが「ノンネームシート」と呼ばれるA4用紙1枚の企業概要書です。 ノンネームシートは、社名を伏せた上で、その企…

  • M&Aは売り手と買い手 どちらの数が多いのか

    近年、事業承継や戦略遂行の手段として、M&Aの活用が広がっており、売り手・買い手双方の中小企業経営者にとっても身近なものとなりつつあります。 M&Aが成立するには、売り手…

  • 訪問介護のサービス指針「老計10号」見直しのポイント

    2018年度介護保険報酬改定で、訪問介護における「自立生活支援のための見守り的援助」の明確化に伴い、訪問介護としてできることを示した「老計10号」が見直されました。これには…

  • 厚生労働省が混合介護対応方針を明確化

    厚生労働省は、4月13日に開かれた未来投資会議構造改革徹底推進会議で、介護保険サービスと保険外サービスの組み合わせを提供する「混合介護」について、訪問介護、通所介護での対応…