介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2017年8月17日

中小企業は多面評価(360度評価)をこう使え!

343 views

福田 秀樹氏 (特定社会保険労務士/株式会社福田式経営研究所 代表取締役)

中小企業の社長様より、「部下に上司を評価させるのがおもしろいのでは?」や「一緒に働く同僚が一番よく知ってるよね。評価させてみたい」との声を戴くことがあります。

その通りだと思います。

上が下についてわかるのは3年かかるが、下が上をわかるのは3日でいいといわれます。また、上司以上に一緒に働く人は日々の業務で痛いほど同僚の評価を思いしらされているでしょう。

ただし、人事評価表を配布して、被評価者(対象者)の評価について、上司・同僚・部下に点数をつけさせる方法はあまりうまく機能しません。以前、ライバルの課長どうしがいて、一方の課長がライバルの課長を意図的に低く評価したことが問題となったことがありました。

そうではなく、「この1年間で一番よくやった人は誰ですか?」と聞くのです。つまり、プラス面だけを評価するようにします。

できれば、その理由も添えてもらいます。記名式でも無記名式でもOKです。

「この1年間で能力が一番伸びた人は誰ですか?」

「この1年間で人格で一番向上した人は誰ですか?」

「この1年間で最も利他の精神が行動にあらわれた人は誰ですか?」

などなど、会社によっていろいろと考えることができるでしょう。

この手法は評価制度でも使えますし、報奨制度にも使えます。

多面評価のポイントは、「情報収集の一手段」として活用することです。多面評価を決定的な評価の要素として考えるとうまくいかないのです。

*福田氏が顧問を務める「労務顧問サービス」の資料ダウンロードはこちら*

労務顧問サービス資料ダウンロード

[PR]中小企業のメンタル問題を見抜く不適性検査スカウター
1名500円~ 今なら3,000円分のお試しクーポンプレゼント
不適性検査スカウターを使ってみる(無料)

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

新着記事

  • M&A買収成功のポイント

    会社や事業を丸ごと買うM&Aは、まさに大きな買物です。中小企業であっても、買収価格は数千万から数億なんて値段がついたりします。 ヒト・モノ・カネに制約のある中小企業が、初…

  • M&Aのノンネームシートとは

    通常、売り手企業が仲介会社に売却を依頼する時、最初に作成するのが「ノンネームシート」と呼ばれるA4用紙1枚の企業概要書です。 ノンネームシートは、社名を伏せた上で、その企…

  • M&Aは売り手と買い手 どちらの数が多いのか

    近年、事業承継や戦略遂行の手段として、M&Aの活用が広がっており、売り手・買い手双方の中小企業経営者にとっても身近なものとなりつつあります。 M&Aが成立するには、売り手…

  • 訪問介護のサービス指針「老計10号」見直しのポイント

    2018年度介護保険報酬改定で、訪問介護における「自立生活支援のための見守り的援助」の明確化に伴い、訪問介護としてできることを示した「老計10号」が見直されました。これには…

  • 厚生労働省が混合介護対応方針を明確化

    厚生労働省は、4月13日に開かれた未来投資会議構造改革徹底推進会議で、介護保険サービスと保険外サービスの組み合わせを提供する「混合介護」について、訪問介護、通所介護での対応…