介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2016年4月25日

スーパーマーケットで経費削減に成功した12事例

2,515 views

介護経営 編集グループ

スーパーマーケットで経費削減に成功した12事例

スーパーマーケットや食品スーパーにおいて、固定経費の削減、コストダウンに取り組んで成功した12事例を一挙に紹介します。

まずは販売費の削減事例から。

1.チラシ代・印刷費

スーパーに限らず、ドラッグストアや住宅販売会社など頻繁にチラシを活用する企業向けの情報です。ここでは印刷コストを削減するための観点、①印刷会社の設備状況を把握する、②印刷とデザインを分離して発注する、③ロットをまとめて発注する、の3つとその成功事例を紹介しています。

続きを読む

2.販売用消耗品費(トレイ代)

これはトレイメーカーやベンダーへの単価交渉ではなく、自助努力で達成可能なコスト削減方法です。トレイは一つ一つの単価は低くても、使用頻度が圧倒的に高い経費であるため、定期的に経費削減に取り組むべきテーマですが、種類が非常に多くて一品一品、「高い」「安い」を見直す事がなかなか大変です。具体的に行ったコスト見直しの手順を紹介しています。

続きを読む

3.物流費

物流とは縁の切れない大規模・中堅小売業に適合する事例です。スーパーマーケットが、一定以上の企業規模になると、物流センターと店舗を結ぶルートがどんどん増えていき、例外なく複雑な配送体制となります。さらに盆商戦や年末商戦の時期には、増便も運行され、物流業務の責任者でも正確に全容が把握できていない状況に陥りがちです。そのような状況下、事例企業がどのような戦略をとったか紹介しています。

続きを読む

続いて一般管理費の削減事例です。

4.地代家賃

店舗賃料の削減に取り組むにあたっては、まず事前準備と理論武装が重要です。事前準備としては、路線価の推移や周辺相場の確認を徹底することが必要ですので、近隣の不動産業者などで日ごろより懇意にしている業者をもっておくことが大事です。
実際の交渉段階では、単なる賃料減額だけでなく、差入保証金や敷金も含めた交渉が重要です。

続きを読む

5.電気料金

電気料金の削減には、設備投資を伴うものも多いですが、コストゼロや、あるいは限りなくゼロに近い経費で出来うる事も多数存在します。月々の電気代の大多数を占めるエアコンや冷凍機、冷却器の室外機を洗浄することは、決して効果の薄いものではないので、これから暑い夏がやってくる前に取り込んでおきましょう。ここではスーパーマーケットができる21の電気代削減方法を紹介しています。

続きを読む

6.水道料金

水道料金は特殊な料金計算を行っており、使えば使うほど1?当たりの単価が高くなる仕組みです。逆に言えば節水の取り組みが、そのまま経費削減効果として跳ね返ってきます。
「お客様1人あたりの水道使用量」を見える化し、コスト削減に取り組んだスーパーマーケットの事例を紹介しています。

続きを読む

7.下水道料金

下水道料金を費用負担なく削減する方法の1つに、“実測値管理”という手法があります。
下水道料金の計算方法を実測値管理に変更し、コストダウンを実現した事例を紹介しています。実測値管理は、その効果は永続的に続くため、長期間で見れば大変大きなコスト削減につながります。

続きを読む

8.ごみ・廃棄物処分費

これといった削減のための道筋が見えにくいのが、ごみ・廃棄物処分費ですが、まずはゴミを分類して量目を把握するところからスタートします。
廃棄物を13に分類し、処分コストを67%削減した事例を紹介しています。

続きを読む

続いて人件費の削減事例です。

9.パート社員の人件費

景気回復による人手不足の深刻化、処遇改善やパート社員の正社員化により人件費が高騰しています。人時生産性を高めて無駄のないシフト管理を行って、総額人件費をコントロールする現場のマネージメント力が求められています。
適正な人員配置を現場のマネージメントが行う、LSP手法について紹介しています。

続きを読む

10.社会保険料

昨今、社会保険のコスト削減についての手法は数多く登場していますが、情報の秘匿性から、関心はあるけど導入できるだけの確信を持てない、社会保険料の削減について、社員の同意を取り付けやすい、つまり法令は遵守され、かつ実現可能性の高い削減スキームをご紹介しています。
ポイントは賞与制度を上手に活用することです。

最後にスーパーマーケットにとって重要な設備投資、工事費に関連する費用削減事例です。

11.工事費

発注者側に立ち、コストの最適化を行なうと共に、発注構造の見直しや協力会社の体制再構築をアウトソーシング型で支援するコンサルティング会社の事例です。
中部地方でスーパーを展開しているA社では、このコストダウンサービスを活用し、2店舗の新築工事価格が11%強、約1億円のコストダウンに繋がりました。

続きを読む

12.収入印紙代

案外知られていませんが、電子契約による印紙代のコストダウンが実現可能です。
毎年、新築や改築工事を発注するスーパーマーケットにとって、収入印紙代の削減効果はバカにならない効果を生みだします。
大手ゼネコンなどを中心に上場企業で始まりだした契約業務の電子化、中堅中小のスーパーマーケットにも近い将来、必ず浸透して来ます。

いかがだったでしょうか?
スーパーマーケットで実際に行われている経費削減、12の成功事例を紹介しました。
経営会議ドットコムでは、店舗経営に役立つ実益的な情報を提供し、スーパーマーケットの安定的な経営に寄与することを目指しています。

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

新着記事

  • M&A 売り手・買い手の集め方

    M&Aを成功に導くポイントは、良い仲介会社と付き合うことです。 では良い仲介会社とは、どのような会社でしょう?  もちろん色々な要素はありますが、あえて1番のポイントを…

  • M&A、会社売却のタイミングとは

    自社を売却するタイミングについて、一般的には業績下降時は、企業価値が過小評価されやすく、買い手を見つけるのが難しいです。 逆に業績が上向いている時は、企業価値が高く評…

  • M&A、会社を売却する4つの理由

    中小企業のオーナー経営者が事業を売却しようと考える理由は、主に4つに分かれます。 それぞれについてみてまいります。 後継者不在 社内に社長の子供など親族の…

  • M&A、売り手の意思決定に影響すること

    売り手が売却に進んだ時、買い手企業との条件交渉において、売り手の意思決定に影響を与える事柄について整理してみます。 M&Aは、売り手企業と買い手企業との条件交渉。何を重視…

  • M&A、売り手と買い手のマインドは

    売り手と買い手が仲介会社のサポートで出会い、トップ面談により意気投合し、基本合意契約を締結したとしても、最後までどうなるか分からないのがM&Aの世界です。 売り手企業…