介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年9月27日

21世紀の防災頭巾 避難用簡易保護帽 「でるキャップ」新発売!

35 views

ドリームニュース

株式会社タイカ
プレスリリース




床ずれ防止用マットレスを始めとする介護福祉用品「アルファプラ(R)シリーズ」を製造販売する株式会社タイカ(東京都港区、代表取締役社長:鈴木大登)は、防災・災害対策用品として軽量でありながら衝撃に強く、いざというときに安全を確保できる、避難用簡易保護帽「でるキャップ」を2018年9月28日に新発売致します。



【商品概要】


簡易保護帽の「でるキャップ」は、「普段から家族どうしで防災準備を!一人にひとつずつ、まず安全に逃げるための必須アイテム」をコンセプトとし、自宅やオフィス、学校や病院などの公共施設でも対応できるラインナップを展開しています。
この製品の特長は、約100gと非常に軽く、お子様から大人まで幅広い層の頭にフィットし、頭にのせて押すだけの簡単な方法で、3秒で装着できます。また、デスクの引き出しや本棚に収納ができるコンパクトサイズで、従来のヘルメットのように場所を取りません。
さらに、防災頭巾の約5倍※1の高い衝撃緩衝力と炎や火の粉から頭を守る高い難燃性※2も備えているので、今までの防災頭巾やヘルメットの常識を打ち破るような21世紀の防災頭巾です。



【発売背景】


折り畳める梱包材を紹介された事をきっかけに、ヘルメットへの活用をひらめき、開発に至りました。
東日本大震災で被災した病院を訪問した際に、試作品として持参したでるキャップが「軽い素材であるにも関わらず保護能力が高いためヘルメットの代用品になる」という理由から高齢者層より高評価を得ました。

※1 日本防災協会の防災頭巾の耐衝撃試験に準拠した試験方法「5キロの鉄の重りを10センチの高さから落下させる」実験を実施
※2 難燃合格グレードUL-94 HBF (イノアックP-E-ライト使用)



1 2

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録