介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年9月26日

わずか3年間で売上高を30倍にまで増やした著者の、既定路線に縛られない経営方針と、介護・看護ビジネスにおいて業績を向上させる方法とは『訪問看護事業 成功の条件』2018年9月3日発売!

44 views

ドリームニュース

株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
プレスリリース



株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『訪問看護事業 成功の条件』(浜中 俊哉 著)を2018年9月3日に発売いたしました。



巷にあふれる 「訪問看護ビジネス」の誘いに騙されるな!

看護師・保健士などの意識を「病院」から「サービス業」にシフトさせることで利用者満足を高め、利益をしっかり確保する正しい事業者としての成功の条件が満載!


世界でも屈指の長寿大国である日本において、今、介護・看護ビジネスに注目が集まっています。
また近年、ハイペースで介護施設や高齢者向けサポート付き住宅など、さまざまな設備やサービスが展開されています。
しかしながら、そのなかでも訪問看護事業の新規参入企業や経営者たちの多くは、事業を成功させることができていません。その理由は看護師や保健士などのスタッフに対して「サービス業従事者」である意識をしっかりと教育できていなかったり、利用者との接し方が理解できていなかったりする人が多いことがあげられます。
そこで本書では経営者がどのようにスタッフや利用者と接し、訪問看護事業を成功させればよいのかということを、具体的な事例やエピソードを交えてわかりやすく紹介しています。



【書籍情報】


書 名:『訪問看護事業 成功の条件』
著 者:浜中 俊哉(ハマナカ トシヤ)
発売日:2018年9月3日
定 価:864円(税込)
体 裁:新書判並製/205ページ
ISBN :978-4-344-91853-5



【目次】


第一章 訪問看護事業の4割は赤字経営!
総崩れの原因は看護師に対するマネジメント不足にあり
第二章 【成功の条件(1)】
企業理念を徹底的に浸透させ看護師の意識改革を図る
第三章 【成功の条件(2)】
看護師一人ひとりに「サービス業従事者」の自覚を促し、圧倒的なCS向上を実現する
第四章 【成功の条件(3)】
時間、お金、備品・・・・・・
コスト意識を持たせムダを徹底的に排除する
第五章 【成功の条件(4)】
所得1・5倍計画!
高い給与水準でスタッフのモチベーションを高める
第六章 医療・介護との連携強化で事業の大幅拡大を実現する



【著者プロフィール】


浜中 俊哉(ハマナカ トシヤ)
株式会社PlanB 代表取締役
1977年、三重県生まれ。2001年、明治大学商学部を卒業後、金融会社にて証券マンとして勤務。2010年、義母の介護をするなかで当時の訪問看護・介護サービスに疑問を感じ、独学で知識を習得。2014年、株式会社PlanBを設立、訪問看護ステーションしらゆりケアをオープン。サラリーマン時代のスキルを活かした経営方針を構築し、訪問看護事業を成功に導いている。
超高齢社会の到来により、介護・看護の需要は高まっています。なかでも大きな注目を集めているのは訪問看護ビジネス。それにともない、訪問看護ビジネスにチャンスを感じ、新規参入する経営者も多くいます。
ところが、経営者のほとんどは看護師をうまくマネジメントできなかったり、利用者の気持ちに寄り添うことができなかったりして、経営不振に陥るケースが後を絶ちません。そこで、今後さらにニーズが高まる訪問看護ビジネスにおいて、新たに挑戦をしようとしている人や、経営者に対し、スタッフ、利用者、地域すべてにとってあるべき形を提示するべきと考え、制作をスタートしました。


介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録