介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年9月19日

JR東日本スポーツ株式会社が運営する 運動型通所介護施設【プラチナジム】の7号店が さいたま市武蔵浦和に2018年10月誕生!

88 views

@Press

JR東日本スポーツ株式会社
プレスリリース



高齢化社会に向けた認知症発症リスク低減プログラム! 東京大学 富田 泰輔教授監修【アタマカラダ!ジム(TM)】導入! 隣接する保育園の園児と農園も活用した交流!



JR東日本スポーツ株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:江藤 尚志)は、2018年10月1日(月)に、運動型通所介護施設であるジェクサー・プラチナジムの7店舗目、「ジェクサー・プラチナジム コトニア武蔵浦和店」を開業いたします。要支援及び要介護の方を対象に、カラダとココロの健康づくりをサポートし、人生で一番豊かな時間を健やかに末永く楽しんでいただきたいと思っております。また今回はさいたま市初のコトニア店となり、隣接するゆめの駅保育園の園児との定期的な交流を予定しています。

これまでの実績・経験を活かし、お客さまへのサービス・品質・プログラムを充実させ、『楽しさ』『効果』をより具現化して展開することにより、お客さまに笑顔と元気をお届けします。




プラチナジム 外観



■施設概要


(1) 名称  :ジェクサー・プラチナジム コトニア武蔵浦和店
(2) 運営  :JR東日本スポーツ株式会社
(3) 所在地 :埼玉県さいたま市南区鹿手袋3-15-21
(4) 面積  :約145m2
(5) 施設概要:訓練室(トレーニングジム)、相談室、静養室等
(6) 営業時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00 *定休日:土曜日・日曜日



■アタマカラダ!ジム(TM)について


株式会社キャピタルメディカおよびJR東日本スポーツ株式会社が東京大学大学院 薬学系研究科機能病態学教室(富田 泰輔教授)の監修により共同で開発した軽度認知障害の早期発見テスト及び認知症発症リスク低減運動プログラム

(1) 医療現場で使われる精度の高い軽度認知障害スクリーニングテスト
(2) 認知症発症リスク低減運動プログラム

大きな社会問題である認知症の対策としては、現状は、発症リスクの大小を早期に見積もり、併せて適切なリカバリープログラムを実施することが有効であると言われています。



■「COTONIOR(コトニア)」とは


JR東日本グループでは、多世代交流をテーマにした子育て支援と高齢者福祉の複合施設「COTONIOR(コトニア)」の開設を進めています。
「COTONIOR(コトニア)」とは、「子ども(codomo)+と(to)+シニア(senior)」からなる造語です。コトニアの展開を通じて、子どもたちとシニア世代の方々が交流し、多世代が集う、あたたかな場にしていきたいという想いを込めています。

2013年に第一号となる「コトニア吉祥寺」を開設し、現在5箇所(吉祥寺・赤羽・西船橋・国立・越谷レイクタウン)のコトニアを開設しています。


1 2

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録