介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年9月17日

総務大臣賞/ACCグランプリは 東京大学大学院工学系研究科染谷研究室、大日本印刷、 太陽企画が手掛けた「スキンエレクトロニクス」に決定!

54 views

@Press

一般社団法人 全日本シーエム放送連盟
プレスリリース



一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(略称:ACC、東京都港区、理事長:高田 坦史)は、9月10日(月)に、「2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」クリエイティブイノベーション部門の最終公開プレゼンテーション審査会(以下、最終審査会)を、DMMグループ 六本木新オフィス イベントスペースにて開催し、総務大臣賞/ACCグランプリほか各賞を決定いたしました。



■クリエイティブイノベーション部門 入賞作品一覧および、審査委員長講評


http://www.acc-awards.com/festival/2018fes_result/ci.html



スキンエレクトロニクス

本部門は、未来を創り出す、世の中を動かす可能性のあるアイデアとテクノロジーとの掛け算で産み出された「プロダクト&サービス」と、「プロトタイプ」を対象とした部門で、今年は、6月1日(金)~7月6日(金)にかけて作品を募集し、54本の応募がありました。

最終審査会では、2次審査を通過した9チームによるプレゼンテーションを実施。会場に集まった一般来場者、報道関係者など約100名が注目する中、各チームがそれぞれ用意した映像や、実機を用いたデモンストレーションを交えての作品説明および、審査委員との活発な質疑応答が繰り広げられました。

その結果、最高賞である総務大臣賞/ACCグランプリには東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻染谷研究室/大日本印刷/太陽企画が手掛けた「スキンエレクトロニクス」が、ACCゴールドにはSIX/博報堂プロダクツが手掛けた「COTODAMA – Lyric Sync Technology -」が選出されたほか、ACCシルバー、ACCブロンズの各賞が決定いたしました。

続けて、審査会後に行われた贈賞式では、8月8日(水)に発表されたACCファイナリスト7作品を含む全16作品の代表者が登壇し、各賞の授与が行われました。

なお、同部門の審査は、東京大学教授でソニーコンピュータサイエンス研究所副所長の暦本 純一審査委員長をはじめ、総勢13名からなる多彩な顔ぶれの審査委員陣が務めました。


1 2

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

関連記事