介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年9月10日

PALTEK、イノフィス社の作業支援ロボット 新モデル「マッスルスーツ(R) Edge(エッジ)」を販売開始~従来モデルから廉価かつ軽量化を実現 9月11日から開催される国際物流総合展2018にて展示~

53 views

ドリームニュース

株式会社PALTEK
プレスリリース




株式会社PALTEK(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:矢吹 尚秀、証券コード:7587、以下PALTEK)は、東京理科大学発ベンチャーの株式会社イノフィス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古川 尚史、以下イノフィス社)が開発した、装着型の作業支援ロボット「腰補助用 マッスルスーツ(R)」シリーズの廉価かつ軽量化を実現した最新モデル「マッスルスーツ(R) Edge(エッジ)」の販売を、2018年9月から開始します。

なお、PALTEKは、2018年9月11日(火)から14日(金)まで東京ビッグサイトで開催される国際物流総合展2018で、「マッスルスーツ(R)」および「マッスルスーツ(R) Edge」を紹介します。




マッスルスーツ(R) Edge

企業が事業活動を継続する上で、人手不足や従業員の高齢化などが社会的な課題となっており、その解決を図るためにロボットの活用が注目されています。特に、“人や重い物を持ち上げる”、“中腰姿勢を保つ”といった重労働は身体への負担が大きく、その負担を軽減することは、労働環境の改善につながります。

マッスルスーツ(R)は、空気で稼働する“人工筋肉”によって、装着者の動作をアシストし、重労働の際の身体にかかる負担を軽減させます※1。イノフィス社が2014年からマッスルスーツ(R)を販売開始して以降、介護や製造業、建設業、物流業、農業など多くの現場で導入されており、人手不足や従業員の高齢化に悩む職場の環境改善に貢献してきました。

新たな「Edge」モデルでは、ユーザーからのより軽く、より広い用途を求める声に応えるため、本体の重量や奥行を大幅にカットし、従来モデルでは5~8kgあった重さを4.3kgまで軽量化しました。これにより形状もコンパクトになり、狭い所での活用も広がります。

「Edge」モデルの販売開始に伴い、従来モデルと合わせて3モデルの製品展開※2となり、人の手を必要とする多様な重労働シーンで、ニーズに合った製品を導入いただけるようになります。


1 2

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録