介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年9月10日

日本サード・パーティとシャープドキュメント21ヨシダ、ロボットアプリ「Robo Touch for 介護」を使った介護施設向けコミュニケーションロボットソリューションの販売を開始

17 views

ドリームニュース

日本サード・パーティ株式会社
プレスリリース





日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)と株式会社シャープドキュメント21ヨシダ(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:吉田 淳一、以下:SD21)は、タブレットアプリ「Robo Touch for 介護」を使用した介護施設向けコミュニケーションロボットソリューション(以下、当ソリューション)の販売を2018年9月10日に開始し、全国の介護施設に向け導入を進めると発表しました。

当ソリューションは、ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀)のヒューマノイドロボット「NAO」と、JTPが開発したその操作をタブレットで簡単に行うことができるアプリケーション「Robo Touch for 介護」によって構成されています。NAOには、施設の利用者のコミュニケーションを促進するアプリや、レクリエーションや体操のインストラクションを行うアプリが搭載されています。当ソリューションは、SD21が中心となって全国の介護施設への導入を促進します。

■介護施設向けコミュニケーションロボットソリューションの機能


当ソリューションは、ロボットを直感的に作業できるタブレット用のアプリ「Robo Touch for 介護」と、介護施設向けのアプリケーションが搭載されたNAOによって構成されており、職員と利用者それぞれが操作するモードに分かれ、場面や目的に応じたロボットの活用が可能です。

(C)SoftBank Robotics Corp.
<ヒューマノイドロボットNAO>



介護施設向けコミュニケーションロボットソリューションの機能


【職員が操作するモード】
 <レクリエーション>
 体操 / 脳トレ / リハビリ体操

 <その他>
 施設案内 / 職員トレーニング

【利用者が操作するモード】
 <遊ぶ>
 読み聞かせ / 占い / 俳句 / 百人一首 / 歌(カラオケ)

 <話す>
 AIとの自由会話(傾聴)



■効果

当ソリューションを活用することにより、次の効果を見込むことができます。

・職員が忙しい時も、利用者が直接ロボットを操作することで、余暇の時間の充実や利用者同士のコミュニケーション生み出すことができる
・ロボットがお話しの聞き手になることで、利用者の発話の機会を増やし、コミュニケーション能力の維持・向上を促進する
・レクリエーションのインストラクションをロボットが代わりに行うことで、職員の負担が削減できる
・利用希望の見学者への説明などの付帯業務をロボットが職員に代わって行うことができる



■今後の展望


当ソリューションは、SD21の国内7拠点を中心に、全国の介護施設への販売・導入が進められ、初年度で50施設への導入を目指しています。JTPとSD21は、当ソリューションを通し、介護施設におけるロボット活用のハードルを下げることで、豊かなコミュニケーションの創出の一翼を担い、職員が働きやすく、利用者が楽しめる介護施設づくりをサポートしてまいります。


1 2

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録