介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年9月6日

9月10日より神奈川・埼玉・千葉のサービス提供エリアを拡大! シェアリングエコノミー型の介護保険外サービス「クラウドケア」

29 views

@Press

株式会社クラウドケア
プレスリリース



シェアリングエコノミー型(クラウドソーシング)の訪問介護・家事・生活支援サービス「CrowdCare(クラウドケア)」を提供する株式会社クラウドケア(本社:東京都青梅市、代表取締役CEO:小嶋 潤一)は、2018年9月10日より首都圏のサービス提供エリアを拡大いたします。




訪問介護・家事・生活支援プラットフォーム「CrowdCare(クラウドケア)」


https://www.crowdcare.jp/


これまで、お客様からサービス提供エリア拡大のご要望をいただいており、身体介護・生活援助ヘルパーの確保・増員を行ってまいりました。各地域で働ける身体介護・生活援助ヘルパーの増員に伴い、首都圏の神奈川県・埼玉県・千葉県でサービス提供地域を広げることができるようになりました。



■9月10日に追加されるサービス提供地域


<神奈川県> 相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、鎌倉市、逗子市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町

<埼玉県> 越谷市、新座市、吉川市、所沢市、狭山市

<千葉県> 千葉市、鎌ケ谷市、八千代市

今回の新しいエリアを含むサービス提供地域については、下記ページよりご確認ください。 https://www.crowdcare.jp/services/

今後も「CrowdCare(クラウドケア)」は、継続的にエリア拡大・サービス強化を図るため、各エリアでの身体介護・生活援助ヘルパー人材採用に注力してまいります。



1 2

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録