介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年8月24日

介護施設向けドップラーセンサーとモーションセンサーを取り入れた次世代見守りセンサーロボット「ピースAIセンサー」販売開始

150 views

PR Times

株式会社ピースライフ(代表取締役:小林 誠治 所在地:大阪府寝屋川市)は、8月10日よりドップラーセンサーとモーションセンサーを実装した介護施設向け、次世代型見守りセンサーロボットの販売を開始致します。

■製品の説明

ピースAIセンサーは、「心拍」「呼吸」「離床」「着床」「体動」をドップラーセンサー及びモーションセンサーで検知し異常を通知、録画し、タブレット及びPCで一元管理できる小型センサーロボットです。 ピースAIセンサーは、館内を無線WIFI環境で接続し、PCやタブレットで一元管理を行います。また、専用アプリケーションでスマートフォンへの通知が可能です。 更に、無線WIFI環境で接続するため、施設内の必要なお部屋へ必要な時に個別に移動することが簡単にできます。 録画機能も実装しているため、施設内のインシデントで最も多い、起き上がり時の転倒による怪我も起き上がり時から録画を開始するため、入居者様一人一人の行動パターンを動画で確認ができ、さらにケアスタッフの方へ周知できるため、転倒防止にも効果的です。 「心拍」「呼吸」検知は、入居者様に個別に設定できるため、お一人お一人に個体差がある場合でも厳格な確認が可能にとなります。例をあげると無呼吸症候群の方にも無呼吸状態の設定が180秒まで設定できるため、誤判定がなくなります。

1 2 3 4 5

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録