介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年8月22日

日本サード・パーティ、ヒューマノイドロボットNAOを活用した自閉症療育プログラム「Ask NAO」の取り扱いを開始

41 views

ドリームニュース

日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は、ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀)のヒューマノイドロボット「NAO」に搭載した自閉症療育プログラム「Ask NAO」の取り扱いを開始すると、2018年8月21日に発表しました。

Ask NAO (Autism Solutions for Kids)は、自閉症療育、特別支援教育向けのアプリケーションをヒューマノイドロボット「NAO」に搭載したソリューションです。療育プログラムのアプリケーションが搭載されたNAOと、NAOを操作するタブレット「Ask NAO Tablet」によって構成されており、ERM Automatismes (本社:フランス、CEO:Cyril Liotard)によって開発され、日本語版のアプリは、株式会社エアネスト(本社:東京都港区、代表取締役:井原 公之)によって開発されています。

1 2 3 4 5 6

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録