介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年8月8日

業界初プロジェクト始動  社員のスキルを使って、要介護者の暮らしやすさを啓発 端材の“手すり”で、金色の天守閣を再現 9月17日敬老の日に神奈川県の高齢者グループホーム『オセアンビクトリア戸塚』に贈呈

14 views

ドリームニュース

介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、介護リフォームで最もニーズの高い“手すり”の部材を使って、社員で天守閣の模型を製作するプロジェクトを7月7日より開始しました。

当社は介護リフォームフランチャイズチェーン『介護リフォーム本舗』を全国に43店舗(直営4店舗含む)展開し、現在までに工事実績は30,000件を超えています。
本プロジェクトは、全社員のスキル向上が要介護者のより良い生活につながると考え、本社全社員26名と当社が運営するフランチャイズチェーンの介護リフォーム事業者10名で作業分担をおこない、隙間時間を活用して手すり部材のみで天守閣を製作します。8月31日の完成を目指し、9月17日の敬老の日に神奈川県横浜市の高齢者グループホーム『オセアンビクトリア戸塚』へ贈呈を行う予定です。

1 2 3 4 5 6 7

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録