介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年7月4日

技術者派遣のテクノプロ、プレミアムスポンサーとしてスペシャルオリンピックス日本を応援

28 views

株式会社共同通信PRワイヤー

テクノプロ・ホールディングス株式会社
プレスリリース

技術者派遣事業などを手掛けるテクノプロ・グループは、知的障がいのある人たちのスポーツを通じた社会参加を応援するスペシャルオリンピックス日本(SON)を支援するプレミアムスポンサーになりました。自社グループでも特例子会社を通じて障がい者の社会参加の機会を創出している立場からその活動を支援していきます。

テクノプロ・グループはプレミアムスポンサーとして
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本を応援します

技術者派遣事業などを手掛けるテクノプロ・ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:西尾保示)は、知的障がいのある人たちのスポーツを通じた社会参加を応援するスペシャルオリンピックスの理念と、公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(SON)の活動に賛同し、本年度からプレミアムスポンサーとして応援します。

■スペシャルオリンピックスとは

1968年、故ケネディ大統領の妹ユニス・ケネディ・シュライバー氏は、当時スポーツを楽しむ機会が少なかった知的障がいのある人たちにスポーツを通じ社会参加を応援する「スペシャルオリンピックス」を設立。ユニス氏は、知的障がいのある人たちの可能性を広げ、彼ら彼女らに対する社会の否定的な固定観念や差別的態度を変えるため、その活動に生涯を捧げました。
知的障がいのある人たちの成長にスポーツが大きなプラスとなり、またスポーツを通じて知的障がいのある人たちと共に活動することは地域社会にとっても大きなプラスであり、性別、年齢、スポーツのレベルを問わず、共に成長し、共に楽しむ、そしてその経験を分かち合うことが重要であるとの考えからスペシャルオリンピックスの活動が行われています。
ユニス氏が生涯貫いた信念は、50年たった今も確実に社会を変える動きとして世界に広がっています。

■公益財団法人スペシャルオリンピックス日本とは

スペシャルオリンピックス国際本部はアメリカ・ワシントンDCに拠点を置き、世界170以上の国と地域にその活動は広がり、世界を7つのリージョンに分け、リージョン内で各国・各地域の組織と連携をとりながら大会や会議が開催を通じてスペシャルオリンピックス活動が促進されています。
スペシャルオリンピックス日本は、アジアパシフィックリージョン(22か国)に所属し、日本国内でのスペシャルオリンピックスの活動を推進する組織として、国際本部から認証をうけている日本国内本部組織で、全国47都道府県で独立した組織/団体として活動を行う都道府県ごとの地域組織を認証しています。
 詳しくは、SON公式ウェブサイト http://www.son.or.jp/ をご覧ください。

■テクノプロ・グループについて

テクノプロ・グループは、国内130以上の拠点に16,697人(2018年5月末現在)の技術者・研究者を擁する日本最大の技術系人材サービス企業グループです。機械、電気・電子、情報システム、組込制御、化学、バイオ、医薬、建築、土木など、日本の産業界が必要とするほぼすべての技術領域をカバーする専門領域の広さが評価され、国内1,800以上の企業・大学・研究機関・公共団体に技術を軸とした各種サービスをご提供しています。
また、テクノプロ・ホールディングスの特例子会社である株式会社テクノプロ・スマイルでは、障がいを持つ方の社会参加を支援することを目的に、データ入力サービス、オフィスサービス、ファシリティ管理サービス、メールセンターサービス、オンデマンド印刷サービスなど多岐にわたるサービスを展開し、障がいを持つ人の活躍の場と社会参加の機会を創出しています。

以上

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録