介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年6月6日

ロボキュア、言語リハビリサービス「ハナセル」を提供開始
~言語リハビリの専門家がいない施設でも言語リハビリが可能に~

110 views

prtimes

株式会社ロボキュア
プレスリリース

株式会社ロボキュア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森本暁彦)は、これまで千葉大学 大学院工学研究院および国保直営総合病院君津中央病院と共同で開発を進めてきた言語リハビリサービスについて、名称を「ハナセル」に正式決定し、サービスの提供を開始いたしました。

株式会社ロボキュア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森本暁彦)は、これまで千葉大学 大学院工学研究院および国保直営総合病院君津中央病院と共同で開発を進めてきた言語リハビリサービスについて、名称を「ハナセル」に正式決定し、サービスの提供を開始いたしました。 当社は、「障害のある方が社会参画し健康に暮らすことができる社会を築く」ことを目指し、言語障害を持った方のリハビリ不足を解消するサービスを開発してまいりました。 言語障害のリハビリを行う言語聴覚士の有職者は15,000人程度しかいないのに対し、言語聴覚士を必要としている患者は潜在的な数も含めると600万人以上いるといわれています。介護施設には言語聴覚士はほとんど在籍していないため、言語リハビリをやりたくてもできない方が多数存在している状況です。 「ハナセル」は、言語リハビリの専門家が在籍していない介護施設や、ご家庭でも簡単に言語リハビリを行うことができるサービスです。訓練はタブレットで行い、言語障害のある方がお一人でも操作が可能な分かりやすいUI設計となっております。 本日より、まずは介護施設や回復期病院向けに商用サービスの提供を開始いたします。今後、訓練支援機能等をさらに充実させた上で、ご家族による訓練サポートが可能な個人向けのサービスも提供する予定です。

​【ハナセルのロゴ】

言語の4技能である、「話す」「聞く」「読む」「書く」に加え「社会参加を目指す」という、ハナセルが目指す目標を5枚の花びらで表現しました。花びらは吹き出しをモチーフにしてデザインしました。


ハナセルのロゴ

【ハナセルによるリハビリについて】

訓練の設定や変更、訓練履歴の確認などは施設のPCから管理ツールによって行います。 訓練はタブレットで行い、自宅、施設を問わずどこからでも行うことができます。

ハナセルによる言語リハビリのイメージ

【機能概要】

ハナセルはタブレットアプリと管理ツールから構成されております。  各機能の概要は以下の通りです。

機能概要

【ご提供価格】

 「ハナセル」は介護施設や病院のサービスとして、利用者や患者に対してご提供いただくB2B2Cのサービス形態となります。
ビジネスモデル

 ご利用料金:利用者1名あたり、月額5,000円(税別)
 ※最大3か月の無料お試し期間があります。
 ※Wi-Fiによる通信環境が別途必要となります。

お申込みはこちら

http://robocure.jp/contact.html

【ご提供内容】

 

・ハナセルアプリ
・タブレット端末+タブレットスタンド
・PC向け管理用ソフト(リハマネ)

【株式会社ロボキュアについて】

 会社名 :株式会社ロボキュア (RoboCure Co., Ltd.)
 設立年月日 :平成26年11月28日
 本社所在地 :東京都中央区日本橋人形町2‐15‐7 高梨ビル3階
 代表者 :森本 暁彦
 資本金 :980万円
 URL :http://robocure.jp/
 事業内容 :介護・医療用アプリの開発、運用

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

関連記事