介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年6月5日

外国人介護技能実習とEPA介護福祉士候補の専用SNSグループを開設

157 views

ドリームニュース

一般社団法人外国人介護職員支援センター
プレスリリース

一般社団法人外国人介護職員支援センター(本部:千葉県市川市、代表理事 井上文二)は、6月2日に介護技能実習を希望する外国人たちに有益な情報を提供するとともに、関係者が自由に情報交換や宣伝を行えるフェイスブックグループページ「CAREGIVER TRAINING TITP & EPA CAREGIVERS JAPAN」を開設した。



一般社団法人外国人介護職員支援センター(本部:千葉県市川市、代表理事 井上文二)は、6月2日に介護技能実習を希望する外国人たちに有益な情報を提供するとともに、関係者が自由に情報交換や宣伝を行えるフェイスブックグループページ「CAREGIVER TRAINING TITP & EPA CAREGIVERS JAPAN」を開設した。


外国人介護職員支援センターは、これまで「Japan Caregiver Training For Filipinos」というフェイスブックページと、「I HELPER & CAREGIVER CIRCLE」という公開グループページを通じて、外国人対象に日本の介護関連情報を提供してきた。前者ページのファン数は6月5日現在で7,003名、後者のグループ会員は6月5日現在で4,747名を数え、その大半が日本国内外で介護に関心をもつフィリピン人たち。最近は、日本国内在住者は介護福祉士資格取得、在フィリピン者は介護技能実習のテーマで盛り上がりを見せ、個人メッセージでの質問を中心に、日々数多くの問い合わせが殺到している。

そのため、この度、国外にいる外国人向けに外国人介護技能実習制度とEPA介護福祉士候補制度にテーマを絞った専用の公開型情報交換グループページを開設した。技能実習を希望する外国人たちにタイムリーな情報を提供するとともに、在外日本語学校や実習生送り出し機関にも情報交換に参加してもらい、技能実習ができるだけ公正、安心して展開され、また、技能実習生候補者の不安を取り除き、モチベーションが高めらるようにしたいと考えている。

また、当フェイスブック公開グループでは英語使用がルールになっているが、日本国内の介護技能実習に関係する団体(監理団体や介護技能実習生受入れ施設・事業者等)にも是非参加してもらい、宣伝や情報提供を通じて、適材適所の技能実習生配属に寄与できることを期待している。

当センター、教育部門のマリーアンドパートナーズが管理する関連フェイスブックページは以下のとおり。

1)介護技能実習とEPA介護福祉士の専用公開型グループ
「CAREGIVER TRAINING TITP & EPA CAREGIVERS JAPAN」
URL:https://www.facebook.com/groups/caregivertrainingjapan/

2)国内外の外国人介護職中心の公開型グループ
「I HELPER & CAREGIVER CIRCLE」
URL: https://www.facebook.com/groups/nicecaregivercircle/

3)国外で日本の介護職に関心をもつ人への情報発信ページ
「Japan Caregiver Training For Filipinos」
URL: https://www.facebook.com/filipinocaregiverschool/

4)教育部門マリーアンドパートナーズの公式フェイスブックページ
「Marie & Partners for Caregivers」
URL: https://www.facebook.com/marie.and.partners/

お問い合わせ先

一般社団法人外国人介護職員支援センター
〒272-0021 千葉県市川市八幡5-15-14
電話 047-713-6214
メール info@maripartners.net
HP http://caregiverjapan.org/

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録