介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年5月24日

M&A、会社売却のタイミングとは

121 views

介護経営 編集グループ

自社を売却するタイミングについて、一般的には業績下降時は、企業価値が過小評価されやすく、買い手を見つけるのが難しいです。

逆に業績が上向いている時は、企業価値が高く評価され、期待以上の価格で売却できる可能性があります。
そのような意味では、業績状況で売却価格は変動するため、高く売れる時に売るのがベストタイミングと言えますが、簡単なものではありません。

では、会社売却を検討するにおいて、ベストなタイミングはいつでしょうか?探って参りましょう。

経営者の意欲が下がった時

業績が良いにも関わらず、「別のことをしたい」「人の管理に疲れた」「飽きた」などの言葉が出てくる社長は、おそらくその事業への意欲を失っています。
このような場合、いったん会社を売却して、経営者はハッピーリタイアメントするか、新たな事業を始めることが一つの策です。

中小オーナー企業の経営は、社長の意欲や能力に多大な影響を受けます。
社長に事業意欲がなければ、従業員は不幸になりますし、同じように意欲を失ったり、会社から離れたりして、そのうち業績も下がってくるでしょう。
そうなってからでは、せっかくの売り時も逃してしまいます。
このような時、能力と意欲の高い企業に事業を譲渡して、経営を委ねることは、1つの経営判断だと思います。

業績の回復に見込みが立たない時

業績が悪く、今後も回復の見込みが立たないなら、売却可能な時に売ることです。
そうしないと更に業績が悪化し、売値がつかないほど業績が悪化してしまえば、倒産・廃業の選択肢しか残ってしまわなくなります。廃業するにも、相応なコストがかかってしまいます。

業績が悪くても、自社が保有するノウハウや従業員、地域でのブランド力を評価する買い手企業があるかもしれません。同じ案件でも、買い手A社にとっては魅力がなくても、買い手B社にはすごく魅力があるという事もあります。全ての買い手企業にとって、同じ価値という事は絶対にあり得ないのです。

業界の寡占化、再編が進んでいる時

地域内で寡占化が進行し、業界内のプレイヤーが減少している時、買収に成功した会社はさらに買収を進め寡占化を狙います。
一方で買収できなかった企業は地域の中で零細企業になりますので、どの会社も寡占市場で生き残るために、割高な価格であってもM&Aで買収を進めます。ここで買収できなかった場合は、逆に次の段階で買収されてしまうかもしれません。
このような時は、業績如何にかかわらず、思い切った売り時であるかもしれません。
介護業界においても、再編は進んでいます。売却を検討されている企業は、適切なタイミングを逃さぬよう、情報収集を進める必要があるでしょう。

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録