介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年4月2日

シニア向け「ミュージックフィットネス」デイサービス・介護施設等へのプログラム提供を開始!

45 views

ドリームニュース

健康、笑顔、最幸のシニアライフをサポートする「ミュージックフィットネス」
国立高等芸能音楽校が運営する「ミュージックフィットネス」はこれまで、全国のサービス地域にて、開催してきた。


カラオケよりも、レッスンよりも、フィットネスよりも、身近で新しい体験、をキーワードに、歌、ハモリ、振付を楽しみ、フィットネス効果の高い運動を取り入れた、健康と笑顔を応援する人気プログラム。


懐かしの歌謡曲を歌いながら、整体の専門家が監修したストレッチ体操、ちょっとした振付や、脳トレーニングをミックスした、シニア向けプログラムは、様々な健康効果が得られると話題に。





この人気プログラムが、派遣型にて介護施設への提供を、4月1日より開始する。
全国に15万件以上(訪問・通所含む)あるといわれるデイサービスや老人ホームなどの介護施設、そのレクリエーションプログラムとして、プログラム提供を行い、専門のファシリテイター講師を派遣する形にて、プログラムを実施していく。


プログラムの提供にあたり、提供者は、

『厚生労働省によると、2025年高齢者人口が3500万人を超え、日本人口の3人に1人は65歳以上という、超高齢化社会へ突入すると発表されています。
また、介護サービス事業所数は、現在の16万事業所から、20万事業所を超えるまでに増加するとのレポートもございます。』

既に、3300万人に到達した高齢者人口が、2025年3500万人を突破するとみられ、福祉施設・関連職員の確保など、2025年問題とされるほど、社会課題となっている。


『様々な、介護サービス事業所様にて調査した結果、1日のサービス提供時間のうち、レクリエーションに当てる時間は30%程度。この時間をいかに充実させていくか。
職員様による独自のレクリエーションプログラムを提供されていますが、更なる充実したサービス提供を行っていくことは、差別化には不可欠と考えます。』

しかしながら、ケアマネージャーなどの職員数不足、職員の負担増は、社会課題となっており、独自性をもったレクリエーションプログラムを提供しきれていないのも実態だ。また、神戸市では2015年に、模擬カジノを用いたデイサービスが規制されるなど、レクリエーションの在り方、その差別化には、品位も問われる。

『当プログラムは、学校教育機関とレコード会社が連携し開発したプログラムです。
エンタメ性を確保しながら、社会に根付くサービスとなるよう、努力と配慮をしています。
専門的なプログラムの導入により、充実度を保ちながら、職員様の負担を軽減する事を目指し、施設の皆様、高齢者の皆様に楽しんでいただけるよう、これからも取り組んでまいります。』(ミュージックフィットネス本部 佐田)

ミュージックフィットネスは、これまでも介護施設への試験提供を行ってきたが、今後、全国の加盟店を通じ、順次、介護事業所への本格提供を行っていく。





◆ミュージックフィットネス 公式サイト
https://www.music-fitness.net/

本件に対するお問い合わせ先:
ミュージックフィットネス本部(国立高等芸能音楽校)
info@music-fitness.net

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

関連記事

新着記事