介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2017年8月8日

介護ロボットMi-Ru(ミール)がスタッフの夜間見廻りの負担軽減

584 views

介護経営 広告企画グループ

高齢者人口が増えるとはつまり、要介護人口が増える事に他ならず、認知症高齢者への介護サービスの需要は今後著しく増大、介護人材の需給ギャップは38万人にのぼるとの説もあります。
このギャップを埋めるため、政府、民間企業は介護ロボットの開発、導入に本腰を入れて取り組みだしました。
今回は、その中でも創業70年を迎える監視システム機器メーカー、ワイエイシイエレックス株式会社(本社:兵庫県伊丹市)がリリースしました、認知症高齢者向け見守り介護ロボットMi-Ru(ミール)をご紹介します。

施設向け介護ロボットMi-Ru(ミール)とは


ミールは認知症の方や高齢者のベッド周りに設置し、ベッド離床状態(起上り、端座位、立位)を素早く検知し、即時に複数のスタッフへ同時にお知らせ、専用携帯端末から入居者の映像確認や、声掛け会話までできて、危険状況を確認できる見守りシステムです。

Mi-Ru(ミール)は、ベッドの頭側、もしくは足側の壁面に設置して使用、カメラを用いて検知し、高齢者の離床を感知しスマホへ通報します。

実際に動画で利用イメージを確認してみて下さい。

ミールは、「離床探知」「映像確認」「声掛け」が、介護スタッフの専用携帯端末で出来るので、余分な端末を持つ必要もありません。

さらにセンサーは取り外しを前提とした構造、通信環境は無線LANを利用しますので、容易に居室変更が可能で、介護施設全床の設置を必要としません。

つまり最少の設備投資や現場の負担で、効率的な認知高齢者の見守りが可能となるのがミールです。

(参考)見守りセンサーの探知は一般的に「マットセンサータイプ」「ベッドセンサータイプ」「赤外線タイプ」があります。それぞれの特徴は、こちらのページにまとめています。 http://yts.jp/article/c-437/

本当に使える介護ロボット実現を目指して


介護従事者の負担軽減の観点から、介護現場においてロボット技術の活用が強く期待される一方、こうした先進的技術を利用した分野は、市場性・安全性・実用性の問題から開発・製品化が思うように進んでいません。

そこで、これら問題を克服するため、平成25年度より経済産業省は、「ロボット介護機器開発・導入促進事業」を実施。
経済産業省と厚生労働省がタッグを組んで、5つの重点分野8項目(見守り支援機器介護施設型、在宅介護型・移乗介助機器装着型、装着型、屋外型、屋内型・排泄支援機器・入浴支援機器)のロボット介護機器開発・導入の支援を行うことにより、要介護者の自立促進や介護従事者の負担軽減を実現し、ロボット介護機器の新たな市場の創出を目指しています。

「ロボット介護機器開発・導入促進事業」のホームページ(介護ロボットポータルサイト)はこちら
http://robotcare.jp/

施設向け介護ロボットMi-Ru(ミール)は、平成29年度介護保険施設向け介護ロボット導入促進事業対象機器に選ばれ、この中で紹介されています。
経済産業省/AMED「ロボット介護機器開発・導入促進事業」製品化機器一覧

Mi-Ru(ミール)導入による介護スタッフの負担軽減


ミールなら、ベッドの離床を探知して、まずは携帯端末から画像確認が出来るので、従来のセンサーのように作動する度に居室へ確認に行く必要がありません。

同時に通知が入った時などには画像や声掛けで確認して優先順位を決められる、他の入居者の方を介助中に通知が入った時などは、その居室へ行くまでの時間稼ぎが出来る、場合によっては声掛けだけで解決する等、ミールを導入することにより現場の作業負担が二重、三重で軽減されることが報告されています。

実際にミールをお使いの介護施設の現場の生の声をご確認下さい。

介護ロボット導入事業者への介護加算


塩崎厚生労働大臣は、介護ロボットの本格的な導入を目指す福岡県北九州市を視察し、介護現場の負担を軽減しサービスの質を高めるとして、来年度(平成30年度)の報酬改定で、ロボットを活用している事業者への加算を前向きに検討する考えを示しました。
(平成29年7月16日NHKニュースより)

塩崎大臣は「介護ロボットは介護の質をよくし、働いている人たちの負担を軽くする。介護現場の革新が必要であり、厚生労働省が司令塔となるべく、さらに努力をしなければならない」と記者団に対して語っています。

従来から検討されていたロボット導入事業者への加算が、いよいよ前に進みそうです。
施設向け介護ロボットMi-Ru(ミール)の資料は、以下からダウンロードが可能です。
また実機によるデモも可能なようですので、ご興味のある事業所様は、お気軽にワイエイシイエレックス株式会社ヘルスケア事業推進部の高木課長(TEL 072-785-9665)まで、お問い合わせ下さい。

*介護ロボットMi-Ru(ミール)資料ダウンロードはこちら*

Mi-Ru

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

新着記事

  • M&A買収成功のポイント

    会社や事業を丸ごと買うM&Aは、まさに大きな買物です。中小企業であっても、買収価格は数千万から数億なんて値段がついたりします。 ヒト・モノ・カネに制約のある中小企業が、初…

  • M&Aのノンネームシートとは

    通常、売り手企業が仲介会社に売却を依頼する時、最初に作成するのが「ノンネームシート」と呼ばれるA4用紙1枚の企業概要書です。 ノンネームシートは、社名を伏せた上で、その企…

  • M&Aは売り手と買い手 どちらの数が多いのか

    近年、事業承継や戦略遂行の手段として、M&Aの活用が広がっており、売り手・買い手双方の中小企業経営者にとっても身近なものとなりつつあります。 M&Aが成立するには、売り手…

  • 訪問介護のサービス指針「老計10号」見直しのポイント

    2018年度介護保険報酬改定で、訪問介護における「自立生活支援のための見守り的援助」の明確化に伴い、訪問介護としてできることを示した「老計10号」が見直されました。これには…

  • 厚生労働省が混合介護対応方針を明確化

    厚生労働省は、4月13日に開かれた未来投資会議構造改革徹底推進会議で、介護保険サービスと保険外サービスの組み合わせを提供する「混合介護」について、訪問介護、通所介護での対応…