介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年11月19日

A&Dは、IT点呼+血圧測定で「安全第一主義」を実行されているユーザー様へのインタビュー内容をまとめた情報マガジン『WAY』VOL.16を発行いたしました。

15 views

ドリームニュース

株式会社エー・アンド・デイ
プレスリリース




株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、A&D製の「診之助Slim(販売名:全自動血圧計 TM-2657シリーズ)」をご採用いただいているユーザー様へのインタビュー内容をまとめた情報マガジン『WAY』VOL.16を発行いたしました。
『WAY』は2016年6月に創刊。A&D製品がユーザー様にどのような目的で、どのようにお使いいただき、その結果どのようにお役に立てているかをお知らせする情報マガジンです。




【1.『WAY』とは】


<World of A&D Yields HONMONO>の頭文字をとった造語です。
「HONMONO」は「本物」にこだわるA&Dの経営理念を表しています。
『WAY』は、お客様と共に進む明るい未来への「道」、そして現状よりも一歩でも「上」に行くことをイメージして名づけました。
A&D製品のユーザー様へのインタビュー内容を手軽にお読みいただけるように、表紙と裏表紙を合わせて4ページにまとめています。



【2.『WAY』VOL.16の内容】


https://www.aandd.co.jp/adhome/pdf/way/way_vol16.pdf


総合物流企業の株式会社ボルテックスセイグン様にインタビューしています。
ボルテックスセイグン様は社員の皆様の安全・健康確保のために有効な施策を実行し続けていらっしゃいます。その施策の1つとして、世の中の動きに先駆けて、2001年に血圧・アルコール検知システム付IT点呼システムを開発。このシステムにA&D製の「診之助Slim(販売名:全自動血圧計 TM-2657シリーズ)」をご採用いただいています。

「現在(2018年10月取材時)点呼には血圧測定の法的義務はありませんが、当社の産業医が一番直近の健康状態がわかりやすいバロメータは血圧だと言うので、システムに血圧計を取り入れました。A&Dさんの血圧計はインターフェースに対応していて、紙ではなく、データで記録できるので採用しました」
とお話しいただいています。




【3.発行日】


2018年11月16日



<会社概要>


会社名  :株式会社エー・アンド・デイ
本店所在地:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-14
代表者  :代表取締役執行役員社長 森島 泰信
設立   :1977年5月
資本金  :6,388百万円
市場情報 :東京1部 7745
事業内容 :電子計測器、産業用重量計、電子天びん、医療用電子機器、試験機、工業計測機器、
      その他電子応用機器の研究開発・製造・販売



<製品詳細>


 

診之助Slim(販売名:全自動血圧計 TM-2657シリーズ)


https://www.aandd.co.jp/adhome/products/me/tm2657.html



<本リリースPDF>


https://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2018/1116_way16/newsrelease_20181116_way16.pdf



<画像URL>


https://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2018/1116_way16/way16_01.jpg


https://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2018/1116_way16/tm2657_01.jpg



<本件に関するお問い合わせ先>


株式会社エー・アンド・デイ
TEL:03-5391-6126  販売促進部IT企画課 上木原(カミキハラ)孝治
(取材・問い合わせ専用です。広告営業はお控えください)


介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

関連記事