介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年11月13日

【1周年】東京西多摩の特養施設情報サイトが待機者マッチング実現  さらなる利用増加と問題解決に向けて8市町村57施設が団結~ もう待たせない!力を合わせて都心部の“特養入所待機期間の不均衡”を改善 ~

20 views

@Press

西多摩特養ガイド運営事務局
プレスリリース



西多摩特養ガイド運営事務局は、東京・西多摩地域の特養施設をスマホやパソコンで探して選んで申し込めるWEBサイト「西多摩特養ガイド」が運営1周年を迎え、待機者マッチングを実現させるなど、提供サービスの改善を行いましたことをお知らせいたします。



西多摩特養ガイド WEBサイト


西多摩特養ガイド: http://www.nishitama.jp/



去る2017年10月17日にオープンしたWEBサイト「西多摩特養ガイド」は「探せる、選べる、決まる」をテーマに東京都西部の8市町村(あきる野市、青梅市、羽村市、福生市、瑞穂町、奥多摩町、日の出町、檜原村)の54施設が協力して立ち上げ、その後3施設が参加し、合計57施設で順調に運営しています。スマホやパソコンで、特徴がよく伝わる施設記事から候補を選んで複数一括で申し込めるとあって、周辺部・都心部の居宅介護事業所等関連機関や個人の方々に活用され、おかげさまで、2017年10月17日~2018年9月30日開設から延べ1,495件のお申し込みを頂きました。このたび、1年間の運営を通して、利用実績の分析を行い、さらに細分化して男女別の空き状況を表示するなどの改善を行いました。



ぜひ関係者やご利用者様、ご家族にいっそう活用いただき、かねてより、切実な問題となっている東京都の特養入所待機期間短縮のお役にたてたらと願っています。



■西多摩特養ガイド 運用実績


期間      :2017年10月17日~2018年10月31日
述べページビュー:約920,000ページビュー
月間平均    :約73,600ページビュー
総申込件数   :1,495件



■西多摩特養ガイド評価について


 

~平成30年度全国老人福祉施設研究会議 実践研究発表 特養(経営)分科会で最優秀賞を受賞~


・サイトオープン直後からテレビ、新聞、業界紙、WEBメディア等から多数の取材や反響を頂き、日本全国共通の課題でもある特養入所待機期間の不均衡、長期化について高い関心がうかがえました。
・不定期で東京都23区老人福祉指導主事会、都議会議員、市区町村議員との意見交換を行い、なかには直接取材にいらした議員の方もおられ、支持と評価を得ることができました。
・2018年10月31日に行われた老人福祉施設の全国大会ともいえる平成30年度全国老人福祉施設研究会議において、実践研究発表をしたところ、高評価を得て、最優秀賞を頂くことができました。



 

~高齢者社会のピークを迎える日本。全国共通の課題解決のモデルケースに~


特養施設個々ではなく地域単位で団結して積極的にアピールし利便性を高めれば、利用者とマッチングが果たせ、利用者、自治体、特養施設の三方よしを果たすモデルケースになるのではないでしょうか。



■西多摩特養ガイド 誕生の背景


<都心部との不均衡を改善>



昨今、高齢者社会が急速に進行し、特に人口が多い都心部ではベッドが空かず、入所待機期間が長期化する一方となりました。ところが都心から60分ほどで移動できる同じ東京都の西多摩地域では、施設整備が進み、待機期間が減っている状況でした。そこで、この不均衡改善の一助に、そして、待ちくたびれている東京都民のお役に立てればと考え、「西多摩特養ガイド」をオープンいたしました。



※特養施設は居住地に関わらず選べます。
※西多摩地域の特養は1人当たりの施設数が多く、23区より待機期間が減っていますが、常に空きがある、どのような条件の方でもすぐ入れるという状態ではありません。



<なぜ、西多摩地域の特養が選ばれなかったのか>


特養施設に入れないとお困りの方が多いのに、なぜ今まで、同じ東京都の西多摩地域の特養施設が選ばれなかったのか、その理由について私たちは以下の5点を推測しました。



(1) 西多摩地域になじみがなく、イメージがわかない人が多い
(2) 西多摩地域に特養施設が多いことが知られていない
(3) 西多摩地域の特養施設は23区内より比較的ゆとりがあることが知られていない
(4) 西多摩地域にどんな特養施設があるのかまとまった情報源がなく、比較検討できない
(5) 西多摩地域の特養施設のPRが足りない



上記の通り、いわば盲点となっていたのではないかと考えました。そこで利用者の視点に立って、便利なサイトやツール、仕組みを作ろうと「西多摩特養ガイド」を企画しました。



■5つの工夫


(1) ツボを押さえた施設情報と比較しやすいレイアウト・検索機能で好みの特養をすばやく探せます。
(2) パソコンはもちろん、スマホやタブレットでも見やすく、家族会議に役立ちます。
(3) 一括申込フォームや施設担当者直行問い合わせフォーム、共通申込書で、話がさくさく進みます。
(4) それぞれの特養施設が更新し、リアルタイムの「男女別空床情報」「最新情報」がわかります。
(5) 「西多摩お出かけガイド」で西多摩になじみがない方でも地域の魅力がよくわかり、ご面会も楽しくなる西多摩地域の立ち寄りスポットを紹介します。



■西多摩の特養施設を利用する6つのメリット


(1) 入居しやすい


用地に恵まれた西多摩地域は特別養護老人ホームの数が多く、都心よりゆとりがあります。西多摩地域の特養には長い順番待ちのイメージがありません。計画的に入居できます。



(2) 都内に近い


西多摩地域は都心通勤のベッドタウン。車でも電車でも、まっすぐ大体60分で到着できます。暮らしの街としての機能も充実し、地方とはまた違った、ほどよい距離感が自慢です。



(3) 自然いっぱい


休日ともなれば心休まる自然美を求めて、多くの人が都心から訪れる東京のオアシス・西多摩地域。山並み、鳥のさえずり、新緑、花巡り、渓谷美、紅葉。どこか懐かしい風景がすぐそばに。



(4) 経験豊富です


西多摩地域の特養は老舗が多く、長年地域に根差して頑張ってきた実直な施設が揃っています。人の出入りも都心ほどせわしくなく、経験豊富なスタッフが心をこめてお世話をします。



(5) 医療施設充実


西多摩地域は特養も多いのですが、高齢者対応の医療施設も多いのです。相互のお付き合いも長く、何かあればすぐ連携できる体制が整っていますから、持病がある方も安心です。



(6) 楽しいお出かけ


東京近郊から多くの観光客が訪れるエリアですから、お出かけ場所には事欠きません。各施設が工夫して御入居者様をあちこちお連れしています。小旅行気分が味わえ、楽しく過ごせます!



■利用イメージ ~探す・選ぶ・申し込むをワンストップで


(1) 居宅介護支援事業所や病院、福祉事務所、後見人、本人、利用者の家族等に、あらかじめブックマークいただく。
(2) 急いで入居先を探す場合は「すぐ」「1ヶ月程度」に入れる施設から探していただく。
じっくり探す場合は、利用者本人の趣味や嗜好に合った施設を検索して絞込み、1つ1つの施設記事を読んで、比較検討する。
(3) 候補が決まったら、WEBサイトの申込フォームから一括で申し込みを行うか、ダウンロードした申込書に必要事項を記入して郵送で申し込む。問い合わせや資料請求は各施設ページより個別に行う。



■西多摩地域の特養施設の想いをひとつに


西多摩地域は都心へのアクセスに便利な位置に立地しながら、まるで旅に出たような四季折々の自然美が身近で、そしてゆったりとした温かい介護環境を提供できる贅沢なエリアです。

東京都民と一口に言っても、西多摩エリアを全く知らない方、遊びに来たことがある方、親戚や実家がある方、通勤・通学をされた方、地元の方など、それぞれがさまざまなイメージをお持ちだと思います。

東京都民の中には、地方から上京されて、そのまま定着された方もたくさんいらっしゃると思いますが、澄んだ空気に山並み、清流が自慢の西多摩地域は、どこか懐かしい、心癒されるエリアではないでしょうか。私たちは老後の時間を過ごすのに、とても適した場所だと胸を張っています。特養施設も老舗が多く、サービスの品質に自信があります。その魅力やポイントを、西多摩地域の特養施設が団結したこの取り組みでしっかり伝え、多くの方に利用を検討していただきたいと願っています。



■最後に


この取組みは西多摩地域の特養施設が協力して行っています。利用者様やご家族様のお気持ちや使い勝手を想像しながら、時には議論をして作り上げました。西多摩地域の魅力を伝えるため、自ら山や川に出かけて写真を撮影するなど、汗をかいて頑張りました。WEBサイトは作ってからが本番です。これからもよりよいサイトになるよう磨きをかけて参りますので、ぜひ活用いただければ幸いです。


介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録