介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2018年11月13日

介護から日本を元気に「第八回 介護甲子園」決勝大会に進出する6事業所が決定!2019年2月21日(木)開催

29 views

ドリームニュース

一般社団法人日本介護協会
プレスリリース



一般社団法人日本介護協会(所在地:東京都中央区、代表者:左 敬真、URL:https://j-care.or.jp)は、2019年2月21日にインテックス大阪で開催する「第八回 介護甲子園」の決勝大会に進出する6事業所を決定し、2018年11月11日(日)に大阪府泉佐野市で開催された「介護甲子園フェスティバル」内で行われた「バッファロープレゼンツ 第八回介護甲子園出陣式」にて発表しました。



今回の決勝進出事業所を決定するにあたり、最終予選としてビデオ審査によるインターネットでの一般投票を実施。総投票数は63804票となり、過去最大となりました。


〇総登録ユーザー数:90,291人
〇有効投票数:44,214票
〇有効投票者数:7,369人

上記に9月13日・14日に幕張メッセで行われた「介護甲子園セミファイナル大会」(ショートプレゼン大会)の結果を加え、決勝進出の事業所が決定しました。
在宅部門・施設部門それぞれ3事業所ずつ、以下の6事業所となっています。



施設部門第1ブロック:


特別養護老人ホーム 新川ヴィーラ  4337票(富山県・初)



施設部門第2ブロック:


訪問介護ケアステーション善通寺  4749票(香川県・初)



施設部門第3ブロック:


介護センターきずな  4240票(大阪府・初)



在宅部門第1ブロック:


デイサービスすまいるはうす祖師谷  4453票(東京都・初)



在宅部門第2ブロック:


アルゴ参番館  4223票(東京都・初)



在宅部門第3ブロック:


デイサービスありがたい池袋  4176票(東京都・初)



決勝大会当日は、勝ち進んだ6事業所の熱いプレゼンをぜひインテックス大阪にてご確認いただきますようお願い申し上げます。



【介護甲子園とは】


日本介護協会は、「介護から日本を元気に! 介護から日本をつくる!」をビジョンとして掲げ、各介護事業者の多種多様な取り組みを共有できる場として「介護甲子園」を企画立案し、2010年にその開催を発表しました。2011年11月27日に「第一回 介護甲子園」を日比谷公会堂で開催。毎年、多くのエントリー事業所から選ばれた事業所が決勝で競い合い、最優秀賞を決定しています。 「第八回 介護甲子園」は2019年2月21日にインテックス大阪で開催いたします。全国から参加事業所を募り、今年は過去最高の7,218事業所がエントリーしました。



【第八回 介護甲子園 概要】


・開催日 :2019年2月21日(木)
・開催会場 :インテックス大阪
・参加事業所数 :7,218事業所
・決勝進出事業所数 :6事業所
・当日来場者 :2,000人(予定)



■一般社団法人日本介護協会について


https://j-care.or.jp/


・社 名 :一般社団法人 日本介護協会
・本社所在地 :〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2-4-5
・設 立 :2010年6月
・代表者 :左 敬真 (ひだり ひろまさ)


介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録