介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2015年6月11日

給料カットだけでない人件費削減策(10) 退職金制度と確定拠出年金

389 views

介護経営 編集グループ

人件費削減方法まとめ(1)

1. 基本給連動方式から脱却する

退職金の算出方法は「退職時点の基本給×勤続年数別支給率×自己都合係数」のように、基本給に連動する計算方式が多いが、勤続年数に応じて支給率の差が拡大することが多いため、定年退職者の受給額が多くなる。基本給との連動を断ち切り、支給率の切り下げや頭打ちで会社負担の激増を回避する。

 

2. ポイント制退職金への切り替えはこうする

①ポイント制退職金の仕組みを決める②現状の退職金の水準を調べる③モデル退職金の水準を決定する④勤続ポイントと資格等級ポイントの比率を決定する⑤ポイント単価を決定する⑥勤続ポイントを決定する⑦資格等級ポイントを決定する⑧モデル退職金を算出する⑨自己都合係数を決定する⑩現行からの移行と運用方法を決定する⑪社員全員に周知徹底する

 

3. 中小企業退職金共済制度を活用する

社外積立制度なので、社員に安心感を与えることができる。共済加入を申し込み、退職金共済契約を結んで毎月金融機関を通じて掛金を納付する

 

4. 退職金の上乗せを行う

通常、早期退職優遇制度や希望退職を募る際に促進剤として利用する場合が多い。会社は定年までの人件費を負担しないで済む利点がある。

 

5. 確定拠出年金制度を採用する

日本版401Kのこと。企業が従業員ごとの口座に毎月掛金を拠出、従業員は各自の判断で運用する。給付額は拠出金の運用結果次第となる。

 

6. 確定拠出年金制度でリスクを回避する

企業は資産運用のリスクを負わずに済む。退職給付債務がなく、退職給付費用が安定している。一方で、従業員は拠出額の把握が容易である。転職先に確定拠出年金制度があれば転職できるメリットもある。

 

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

新着記事

  • M&Aの成約率はどれくらいか?

    日本の上場企業の中で、社員の給与が最も高いと言われる会社に、日本M&Aセンターがあります。高給取りということなので、その分、たくさんの仕事をしているのでしょうか? いった…

  • M&A買収成功のポイント

    会社や事業を丸ごと買うM&Aは、まさに大きな買物です。中小企業であっても、買収価格は数千万から数億なんて値段がついたりします。 ヒト・モノ・カネに制約のある中小企業が、初…

  • M&Aのノンネームシートとは

    通常、売り手企業が仲介会社に売却を依頼する時、最初に作成するのが「ノンネームシート」と呼ばれるA4用紙1枚の企業概要書です。 ノンネームシートは、社名を伏せた上で、その企…

  • M&Aは売り手と買い手 どちらの数が多いのか

    近年、事業承継や戦略遂行の手段として、M&Aの活用が広がっており、売り手・買い手双方の中小企業経営者にとっても身近なものとなりつつあります。 M&Aが成立するには、売り手…

  • 訪問介護のサービス指針「老計10号」見直しのポイント

    2018年度介護保険報酬改定で、訪問介護における「自立生活支援のための見守り的援助」の明確化に伴い、訪問介護としてできることを示した「老計10号」が見直されました。これには…