介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2015年5月30日

介護施設・デイサービスの集客、ウェブ活用3事例

介護福祉業界もインターネットで集客をする時代に

1,423 views

介護経営 編集グループ

介護施設・デイサービスの集客、ウェブ活用3選

介護業界の集客についてもウェブの重要性が高まってきています。デイサービス、住宅型有料老人ホームやサービス付高齢者住宅、介護付き有料老人ホームを運営する事業者向けのITサービスを運営し、上場を果たしている企業も登場しています。介護施設の集客でウェブを活用して成功している事例を紹介します。

事例1)介護福祉業界もインターネットで集客をする時代


介護福祉業界でも集客にインターネットを活用する事業者が増えてきました。インターネット経由で問い合せを獲得するためには、検索結果で上位表示されることが必然です。ホームページ制作会社に任せきりでは、上位表示させることは不可能です。詳しくは、こちらから。

介護福祉業界がウェブサイトで集客するために最低限必要なこととは?


事例2)ポータルサイトを上手に活用する


住宅型有料老人ホームやサービス付高齢者住宅だけでなく、最近はグループホームやデイサービスでもウェブを使った集客に力を入れる施設が出て来ました。ウェブ集客のポイントはケアマネージャーへの情報提供の仕組み作り、従来とはひと味違った手法です。詳しくは、こちらから。

ウェブを活用してケアマネージャーへ情報提供するには?


事例3)ポータルと自社サイトの使い分けで高齢者住宅のインターネット集客を成功させる


介護施設を紹介するポータルサイトも多数登場してきており、インターネットで高齢者住宅を探すのは、もはや当たり前の時代。ポータルサイトは「地名+高齢者住宅」などの検索キーワードに強く、ほとんどのエリアで自社サイトより上位表示されます。ポータルサイトは上手に利用しつつ、自社サイトならではの情報提供を目指す。ポータルと自社サイトの使い分けについて考えてみましょう。詳しくは、こちらから。

ポータルサイトと自社サイトの使い分けでインターネット集客を成功させるには?

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

新着記事