介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2015年5月29日

介護施設がケアマネ営業で成功した事例6選+1

忙しいケアマネージャーとWIN-WINの関係を築く方法

57,798 views

介護経営 編集グループ

介護施設がケアマネ営業で成功した事例6選+1

介護事業所、高齢者住宅、デイサービスがこれからの高齢化社会で生き残っていくには、競合に打ち勝ち、しっかりと自力で集客し利用者を獲得していく力が必要となってきます。介護施設を経営しているというだけでは、もはや利用者は集められなくなりました。

介護施設が満室経営のために必要な営業手法、特にケアマネージャーへの営業で成功した事例について、まとめてみました。

1.ケアマネージャーへ定期訪問し、介護施設・デイサービスの集客活動をサポート

新しく事業所を立ち上げたものの、現場の仕事に忙殺される、営業方法がわからない等の理由で、集客活動への取り組みが不充分であるとお悩みの介護事業者様も多いのではないでしょうか。あるいは、そもそも介護業界に従事されるスタッフの方々は営業が不慣れ、苦手であったりします。
また業歴が長い施設ほど、満室かそれに近い状態で長年安定した経営をされてきた背景から、集客への問題意識はそれほど高くなく、近隣に特別養護老人ホームが開業した場合に一挙に転居して入居率が大幅に低下するケースもあります。
これらのケースでは、いずれも普段はあまり行っていないケアマネージャーへの紹介促進の営業活動が必要となりまずが、スムーズに満室状態に持っていくのが困難なようです。
続きを読む

経営会議ドットコムおすすめ【住宅型老人ホーム・サ高住の営業代行を行う企業特集】

2.介護施設経営者のためのケアマネを営業のプロフェッショナルに変える方法

ケアマネージャーは介護福祉業界における営業・集客のキーパーソンであることは、周知の事実であり、どの介護施設も日々ケアマネージャーへの営業活動に試行錯誤を繰り返しています。
今回は、そのようなデイサービスをはじめとする介護福祉施設においてケアマネージャーに自施設を魅力的にご利用者に紹介していただく手法についてご紹介していきます。

まず結論から言ってしまえば、自施設の魅力を紹介するための小冊子を作ってしまうことが一番の近道かと思います。
続きを読む

3.手軽で効果絶大なショートステイ・お泊りデイサービスのFAX集客法

ショートステイやデイサービスの集客を安定化させるためには、ご利用者を紹介いただく居宅介護支援事業所や地域包括支援センターの件数がとても重要です。グループ企業や併設型でデイサービスやショートステイを運営している企業もありますので、地域内の全ての居宅介護支援事業所から紹介をいただけるわけではありませんが、自身の介護施設に紹介をいただけるケアマネージャーの数は介護施設運営事業者にとって“超”がつく重要な経営指標です。
ではこの自施設に紹介をいただけるケアマネージャーをどのように増やしていくのか?答えはいくつかあるかと思いますが、根底の考え方は“ケアマネージャーにとってありがたい存在になる”ということです。
続きを読む

ショートステイの経営の要「利用者獲得」。 稼働率90%以上、当社グループ企業が運営するリハビリ型ショートステイ「八尾老原の風」のケアマネージャー向け営業ツールを一挙公開

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録