介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2015年5月2日

ケアマネージャーへ定期訪問し、介護施設・デイサービスの集客活動をサポート

デイサービス、ヘルパーステーション、訪問介護、訪問入浴、訪問リハビリ、訪問理美容、訪問マッサージ、訪問鍼灸整骨向け

18,122 views

介護経営 広告企画グループ

介護経営よりワンポイント

ケアマネへの一括情報案内「マザーアシスト」
各ケアプランセンター(ケアマネ)、包括支援センター(ケアマネ)へ実際に直接訪問し、資料を手渡しをして各事業所さまの情報をお伝えしご利用を促します。

マザーアシスト

 新しく事業所を立ち上げたものの、現場の仕事に忙殺される、営業方法がわからない等の理由で、集客活動への取り組みが不充分であるとお悩みの介護事業者様も多いのではないでしょうか。あるいは、そもそも介護業界に従事されるスタッフの方々は営業が不慣れ、苦手であったりします。
 また業歴が長い施設ほど、満室かそれに近い状態で長年安定した経営をされてきた背景から、集客への問題意識はそれほど高くなく、近隣に特別養護老人ホームが開業した場合に一挙に転居して入居率が大幅に低下するケースもあります。
 これらのケースでは、いずれも普段はあまり行っていないケアマネージャーへの紹介促進の営業活動が必要となりまずが、スムーズに満室状態に持っていくのが困難なようです。

 今回は介護保険施設の集客活動でキーとなってくるケアマネージャーへの情報提供、紹介促進活動を一手に引き受けるサービス「マザーアシスト」(提供:大阪営業代行株式会社をご紹介します。

 

Face to Faceで介護事業者の情報を届ける

 インターネットやスマートフォンの普及により、介護業界でもウェブを活用した集客方法が登場してきました。 ウェブの業界に代表されますが、通常連絡はメールのみ、電話やFAXは不可という極端な例もあります。しかし業界によっては依然として人と人が顔を合わせての方がしっくりくるという所もあります。
介護業界もその例に漏れず、以前機会があってケアマネージャーにメールで一斉に案内を送った時、その開封率やリターン率が他の職種と較べて極端に低かった事からも伺えます。

 マザーアシストでは、介護事業者の営業資料を預かり、地域の包括支援センターや介護事業所のケアマネージャーを訪問、対面で会員事業者のPR・情報提供を行っています。
 単なるメッセンジャーにならず、質の高い情報を提供するために、訪問件数は月20件限定です。各地域に配属された顔なじみで信頼のおけるエリア担当者(マザー)が、じっくり時間をかけて説明するため、ケアマネージャーの理解度、納得度も高いようです。時にはケアマネージャーから思わぬ本音を引き出すことに成功し、その後の営業活動に大いに参考になった事業所もある模様です。

1 2

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

新着記事

  • M&A 売り手・買い手の集め方

    M&Aを成功に導くポイントは、良い仲介会社と付き合うことです。 では良い仲介会社とは、どのような会社でしょう?  もちろん色々な要素はありますが、あえて1番のポイントを…

  • M&A、会社売却のタイミングとは

    自社を売却するタイミングについて、一般的には業績下降時は、企業価値が過小評価されやすく、買い手を見つけるのが難しいです。 逆に業績が上向いている時は、企業価値が高く評…

  • M&A、会社を売却する4つの理由

    中小企業のオーナー経営者が事業を売却しようと考える理由は、主に4つに分かれます。 それぞれについてみてまいります。 後継者不在 社内に社長の子供など親族の…

  • M&A、売り手の意思決定に影響すること

    売り手が売却に進んだ時、買い手企業との条件交渉において、売り手の意思決定に影響を与える事柄について整理してみます。 M&Aは、売り手企業と買い手企業との条件交渉。何を重視…

  • M&A、売り手と買い手のマインドは

    売り手と買い手が仲介会社のサポートで出会い、トップ面談により意気投合し、基本合意契約を締結したとしても、最後までどうなるか分からないのがM&Aの世界です。 売り手企業…