介護経営ロゴ

機能分化と地域連携で超高齢社会を支える
介護サービス事業者向け情報サイト

公開日:2015年4月22日

製造業・工場の経費削減(コストダウン)の方法18まとめ

削減効果、導入費用、導入ポイントを簡単まとめ

82,301 views

介護経営 編集グループ

製造業・工場の経費削減(コストダウン)の方法18まとめ

1.インバータ照明導入

◇削減効果(コストダウン度) 
 月々の電気代が約50万円の場合、削減額は月々4万円程度です。
◇導入費用
 小型食品スーパーのケースでは初期費用が150万円程度。電気代削減による初期投資回収期間は3年半を想定しています。
◇導入時のポイント
 一部の先進的な大手企業で導入が進みつつあるが、一般的には知られていない技術です。リース契約もあります。

2.LED照明導入

◇削減効果(コストダウン度) 
 長寿命化による工賃の低下及び水銀灯と比べて約80%の省エネになります。また、熱をほとんど持たないことから夏場の空調コストの削減にも寄与します。
◇導入費用
 取付施設、場所によって異なる
◇導入時のポイント
 取り付けに際し補助金が出る場合もあるので、有効に活用することをおすすめします。

3.照明の間引き点灯

◇削減効果(コストダウン度) 
 一番手軽な電気代削減手段。水銀灯からLEDへの付替と合わせて考えると、消費電力の半分以上を削減することができます。従業員の省エネに対する意識改革にもなります。
◇導入費用
 特になし
◇導入時のポイント
 社内での取り決めを行うこと。デスクランプを用意するなど組み合わせも必要。

4.電力を自家発電・自家消費する

◇削減効果(コストダウン度) 
 年間電気料金を15%~20%超削減できます。また、太陽光発電などの自家発電設備を屋根に設置することで温度上昇を抑制し空調負荷を軽減できます。自家消費により夏季空調によるピークデマンドを抑制して電気代削減も可能です。
◇導入費用
 初期投資回収年数 5年程度
◇導入時のポイント
 国による税制措置、「中小企業経営強化税制」の活用によって即時償却も可能

5.空調設備の性能回復(金属修復技術)

◇削減効果(コストダウン度) 
 10~20%の電力削減効果
◇導入費用
 投資回収年数1年程度
◇導入時のポイント
 エアコン稼働時間が長いほど、性能回復効果は大きくなります

>>東証一部食品メーカー印刷工場で採用された「金属修復技術を活用した空調設備の新しいメンテナンス方法」の資料(20ページ)は、こちらからダウンロードできます

6.時間あたりの人件費を減らす

◇削減効果(コストダウン度) 
 一見複雑に見える仕事を簡略化、マニュアル化することで、アルバイトやパートに任せることができます。そうすると人件費が下がります。
◇導入費用
 人材募集の時の広告費など
◇導入時のポイント
 部署内でひとりひとりの仕事を洗い出しましょう。

7.労働生産性を上げる

◇削減効果(コストダウン度) 
 工場内の機械化を進めることが代表的な例ですが、まずは小さいことから。保管場所の整理や保管場所の移動などを細かく改善していくことで、労働生産性は上がります。
◇導入費用
 特になし
◇導入時のポイント
 日々の改善活動の結果なので、従業員の意識づけが必要です。

8.自動化

◇削減効果(コストダウン度) 
 今まで人がしていた作業を機械(ロボット)に任せる。生産性が格段に上がるだけでなく、人件費を抑えることができます。
◇導入費用
 初期投資、減価償却費用。
◇導入時のポイント
 導入したが、時代の流れとともに使えなくなったということがよくありますので、十分に検討しましょう。

9.外国人研修制度の利用

◇削減効果(コストダウン度) 
 海国際貢献と海外の技術力アップに寄与する目的で、外国人研修制度があります。これを利用することで人件費を下げることができます。海外法人がある場合などに有効です。
◇導入費用
 研修内容によります。
◇導入時のポイント
 人件費削減のみを目的とする導入が広がり、様々な問題点が出てきていますので、悪用しないように注意しましょう。

10.人材派遣の利用

◇削減効果(コストダウン度) 
 必要な時だけ契約し、業務を依頼することができます。新規事業が始まったとき、繁忙期など一時的に人員を増やしたい時に有効です。
◇導入費用
 通常の人件費に加え、人材派遣会社へのマージンが必要です。
◇導入時のポイント
 中小の派遣会社だと、値下げ交渉が出来る場合があります。また、業務を依頼する人のスペックなどにより、最適な仕事を任せるようにしましょう。

1 2

介護経営 メールニュースでは、介護施設経営者が知りたい集客ノウハウや注目のサービスなど、最新のニュースを配信しています。ぜひご購読ください。

メールニュース登録

新着記事

  • M&Aの成約率はどれくらいか?

    日本の上場企業の中で、社員の給与が最も高いと言われる会社に、日本M&Aセンターがあります。高給取りということなので、その分、たくさんの仕事をしているのでしょうか? いった…

  • M&A買収成功のポイント

    会社や事業を丸ごと買うM&Aは、まさに大きな買物です。中小企業であっても、買収価格は数千万から数億なんて値段がついたりします。 ヒト・モノ・カネに制約のある中小企業が、初…

  • M&Aのノンネームシートとは

    通常、売り手企業が仲介会社に売却を依頼する時、最初に作成するのが「ノンネームシート」と呼ばれるA4用紙1枚の企業概要書です。 ノンネームシートは、社名を伏せた上で、その企…

  • M&Aは売り手と買い手 どちらの数が多いのか

    近年、事業承継や戦略遂行の手段として、M&Aの活用が広がっており、売り手・買い手双方の中小企業経営者にとっても身近なものとなりつつあります。 M&Aが成立するには、売り手…

  • 訪問介護のサービス指針「老計10号」見直しのポイント

    2018年度介護保険報酬改定で、訪問介護における「自立生活支援のための見守り的援助」の明確化に伴い、訪問介護としてできることを示した「老計10号」が見直されました。これには…