介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

58 views

失敗しないPR会社の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • こちらの与件が明確でない
  • こちらの与件に発注先が合っていない
  • PR会社の知名度やブランドで選んでしまった
  • 業界にネットワークがない

 PRとはパブリック・リレーションズ(Public Relations)の略でステークホルダー(消費者・顧客などの利害関係者)に対して、企業がPRすべき情報を発信していく仕事です。
 PR会社にも得意分野や業務範囲はさまざまで、PRしたい内容や課題によって使い分けることが必要です。

Point 1  業務形態

 PR会社は、厳密にはPR戦略会社とPR代行会社に分かれ、それぞれは全く別の業務を行います

■ PR戦略会社

クライアント企業の課題解決のためのPR戦略の立案を行います。PRを総合的にサポートするコンサルティング会社です。

■ PR代行会社

メディア媒体へ、クライアントに替わってアプローチすることが業務の中心になります。

Point 2  得意分野

 PR戦略会社と代行会社に分かれる業務形態の中で、さらに得意分野により二つに分かれます。総合PR会社は、その対象や範囲がPR活動全般をサポートしていますが、専門PR会社は限られた専門分野や得意業界に関してのみPR活動を行います。

Point 3  企画提案力

 PR会社が過去の実績で、どのような企画提案を行ったか、また、ビジネス全体を考え、情報収集や分析を行い、企画提案のできる担当者がいるかなどをあわせて確認しましょう。
 PRの成否は、担当者の企画提案力に左右されると言っても過言ではありません。

Point 4  業界ネットワーク

 PR会社が対象業界に対して、どの程度のネットワークを持っているのかを事前に確認しておきたいところです。各メディアのキーマンとコンタクトが取れるかどうか、人脈ネットワークもチェックしましょう。
 また、メディアに限らず、業界のオピニオンリーダーや専門家とのネットワークも重要です。


PR会社に関係する関連記事まとめ