介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

134 views

失敗しないDM発送代行会社の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • コストばかりを優先させた
  • こちらへの対応が杜撰であった
  • セキュリティ対策が不完全

 ダイレクトメール発送代行とは、自社で行うと大幅な時間とコストがかかってしまう作業を代行して行う業者です。DMノウハウを持った業者に依頼すると、コスト削減だけでなく、新規顧客の獲得や顧客のリピート率アップにつなげることができます。

Point 1  得意分野

  DM発送代行会社には、格安でDM発送してくれる会社、販促ノウハウが豊富な会社、きめ細やかなサービスを提供してくれる会社と、それぞれ特長があります。業者を選ぶ際には、自社のニーズに適している業者を選択しましょう。

【代行会社の得意分野は?】

・大口発送が得意か、小回りの利く小口配送が得意か
・特殊封入(紙以外の物を封入)や手作業での封入が可能か
・発送リストのレンタルができるか、情報数は豊富で最新か、ターゲット設定が可能か
・反応率を上げるDMの作成のアドバイスがあるか
・発送数、到着数、不達数の報告等はあるか

Point 2  委託範囲

 委託する業務内容はDMデザイン、データ入力、封入作業、宛名印字、事務手続、発送と多岐にわたります。デザインを除くすべてを一括で行ってくれる業者は、コストが安いばかりか、対応がはやく、業務負担の軽減が可能です。

Point 3  顧客対応力

 専任担当者のいる業者は、やりとりがスムーズです。一方で格安業者の多くは、固定費削減のために専任担当者を置かず、こちらからの問い合わせへの対応も遅れがちです。問い合わせへのレスポンスが良いか、進捗状況を連絡してくれるかなど、顧客対応力が優れているかどうかも重要なポイントです。

Point 4  セキュリティ対策

 営業リストを持ち込む場合は、大切な顧客の個人情報を渡すことになりますので、正しく情報管理が行われているかどうかは非常に重要なポイントです。最低でもプライバシーマーク取得業者であることを確認する必要があります。
 また「発送伝票」のコピーをもらえるかも確認しておきましょう。「発送伝票」は本当にDMが発送されたかどうかの証明になりますので、「業者名」、「日付」、「数量」を確認することができます。


DM発送代行に関係する関連記事まとめ