介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

306 views

関西で給与計算と人事制度を一括アウトソーシングできる企業まとめ


制作:経営会議ドットコム マーケティング企画グループ

 給与計算代行サービスについて、価格(初期費用や月額料金)、ウェブ明細発行や人事評価制度策定などのオプションサービスの有無、サイト掲載情報をまとめました(平成27年4月時点)

*右方向にスクロールします

会社名 対応エリア 給与計算(正社員50名・勤怠計算有りの場合) オプションサービス コンサルティング領域 サイト掲載情報
サービス形態 初期費用 月額料金 ウェブ明細発行 ウェブ勤怠管理 就業規則作成 人事評価制度策定 賃金制度策定 人事労務顧問 社会保険料削減 講演実績 メルマガ登録 セミナー情報
福田式経営研究所 全国 クラウド \150,000 \55,000 有り 有り 有り
大阪商工会議所 クラウド \50,000 \25,000 × × × 有り 有り 有り
京都給与計算代行センター 京都・大阪・滋賀 非クラウド \28,620 \57,240 × × × 無し 無し 無し
NTTビジネスアソシエ西日本 関東より以西 クラウド 個別見積 個別見積 × 無し 無し 無し
大阪給与事務支援センター
(トステムマネジメントシステムズ)
関西 非クラウド \64,800 \59,400 × × × × × × × 無し 無し 無し
イースリーパートナーズ社労士事務所 非クラウド 0 \75,000 × × × × × × × 無し 無し 無し
NOC日本アウトソーシング 都市圏 クラウド \700,000~ \150,000~ × × × × × 無し 無し 無し
エコミック 全国 クラウド 個別見積 個別見積 × × × × × 無し 無し 無し
ペイロール 全国 クラウド 個別見積 個別見積 × × × × × 無し 無し 有り
記帳代行・給与計算.COM 主に京阪神エリア 非クラウド \69,300 \69,300 × × × × × × × 無し 無し 無し

失敗しない給与計算代行会社の選び方

「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 値段の安さだけで選んでしまう
  • 自社が実現したいことと提供されるサービスにギャップがある
  • 制度設計と運用に一貫性がない

 人事システムとは、社員のデータなどを管理するためのもので、給与管理や勤務実績の管理、さまざまな通知書や辞令などの人事的書類の発行を行います。また、各人の経歴や能力、各種履歴も管理し、業務計画や人事戦略に役立てることもできます。

Point 1 サービス形態を選択する

 給与計算代行業務には、クラウド型と非クラウド型の2種類のサービス形態が存在します。提出した勤怠データを計算の上、エクセル等の給与一覧データと明細書を郵送してくれるのが非クラウド型、クラウド上でデータ共有、編集可能なクラウド型です。
クラウド型の場合、セキュリティリスクが存在しますが、業務の効率性、データ利用の拡張性を考えれば、今後クラウド型が主流になるでしょう。

Point 2 サービス機能

 給与計算代行業務にも様々な機能があります。自社で必要とする機能を選択するようにしましょう。

(基本的な機能)
・給与・賞与データの入力、計算処理
・支給・控除一覧表などの作成
・給与明細書などの帳票作成、発送
・給与支払報告書の送付
・異動届作成・提出
・市町村民税切替作業
・税額変更入力

(オプション機能)
・有給休暇管理
・交通費管理
・勤怠管理システム
・人事管理システム
・ウェブ給与明細

Point 3 コンサルティングノウハウ

 以前なら人事制度策定コンサルティングと給与計算代行会社とを、分離発注するケースが大半でした。しかし昨今では、制度策定から運用までワンストップで支援できる企業が出てきました。人事制度の場合、制度設計よりもむしろ運用に重きを置くべきです。運用面に配慮した制度設計が出来る点で、代行会社がコンサルティング機能を持つことは、差別化になります。

Point 4 費用

 価格帯は社員1人分の代行500円から、1000円以上まだ幅が多くあります。特に数名規模の会計事務所や社労士事務所が、顧問業務や決算業務を受注するための囲い込み手段として、労働集約型の作業を非常に安価で受注するケースが見られます。

 単に給与計算を代行して欲しいだけなのか、制度設計も含めて自社の人事機能全般をアウトソーシングさせたいのか、クラウドパッケージを使って給与業務をシステム化したいのか、求めるニーズにより必要な費用が変わりましょう。

 また価格だけで業者を選んだ場合、間違った給与計算を行うなどトラブルも散見します。その業者が本当に信頼できるのか、他社の評価や評判、過去の実績も考慮して選ぶと良いでしょう。

ユーザが個人的に満足できるよう、また好きになるよう、楽しく利用できなければならない。


給与計算代行サービスに関係する関連記事まとめ