介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

46 views

失敗しない組み込みシステム開発会社の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 得意でないジャンルを発注してしまう
  • 開発に必要な技術力がない
  • エンジニアの人数が足りない
  • 担当者と相性が合わない

 組み込みシステムとは、特定の機能を実現するために機械などに組み込まれるコンピュータシステムのこと。組み込みシステムは、家庭用機器、産業用機器、医療用機器等、電子制御を必要とするほとんどの製品に用いられている。中でも携帯電話やデジタル家電、自動車など、機能が多岐にわたる場合は、複数のハードやソフトを組み合わせ、多数の開発人数と長期の開発期間を必要とする場合があります。

Point 1 ジャンル毎の実績

 組み込みシステムには、家電、通信機器・OA機器・医療系・工業制御FAといったさまざまなジャンルがありますので、業者を選ぶにあたっての第一歩は、開発する機器への対応と、これまでの実績を確認しましょう。

Point 2 必要な技術力

 開発案件によってそれぞれ求められる技術は異なります。確認すべき点が多いので、よくわからないままに発注するのはトラブルの元です。初めての発注時は、見積もりを依頼する業者に不明点を徹底的に質問しましょう。きちんと答えてくれる業者を選ぶのもポイントです。

Point 3 エンジニアの人数と単価

 発注先の業者が自社内でどの程度の工程を開発できるのかを把握するため、エンジニアの人数は確認するようにしましょう。コスト削減のためのオフショア開発という選択肢もありますので、見積もりを取って、発注先業者の「人月単価」も必ず確認しましょう。事前ミーティングなどを行うこともおすすめします。

Point 4 担当者との相性

 システム開発の良し悪しは、担当するエンジニアによって左右されます。同じ会社に発注しても担当者やチームによって出来上がりが変わるものです。
 チームのリーダーとコミュニケーションを取って、信頼できるかを判断しましょう。


組み込みシステム開発会社に関係する関連記事まとめ