介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

253 views

失敗しないM&A仲介会社の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 実績が充分でない
  • 自社のニーズと強みが一致していない
  • コストの認識が甘い
  • 担当者との相性が合わない

 M&A(エムアンドエー)とは、企業の合併や買収の総称で、英語の Mergers and Acquisitions(合併と買収)の略です。他の企業を取得しようとする際には買収者やその子会社などに吸収合併させる手法や、買収先企業の株式を買収して子会社化する手段が用いられることから、企業の取得という効果に着目して行う合併と買収を総称するものです。

Point 1 十分な実績

 会社や事業、店舗やサイトなどの売却、営業譲渡あるいは買収などを行う場合、事業経営、会計、税務、法律などの知識や経験が必要となります。これらの知識、経験はM&A仲介会社にとって最も重要なものです。
 公的な資格がなく、取り扱う金額が莫大になることもあり、大小様々なM&A仲介会社、M&Aアドバイザーが多く存在しています。仲介業者を選ぶ場合、重要なのは企業の実績と信頼性です。大事な情報の取り扱い方、財務評価を迅速かつ正確にできるか、企業買収というセンシティブな問題を扱うプロ意識などを事前に面談し、経営陣の経歴や、経営者や担当アドバイザーの受け答えなどから確認することが重要です。十分な実績と信頼性のあるM&A仲介会社、M&Aアドバイザーを選択するようにしましょう。

Point 2 強みの分野

 M&A仲介会社やM&Aアドバイザーは、大きく分けて会計士や金融機関などの専門技能に特化した会社と、買受企業などに幅広いネットワークを持ち、営業力が高い会社に分かれます。また飲食店や物販店などを専門に扱う会社、WEBサイトを専門に扱う会社も存在します。また売り手側、買い手側どちらか一方につくアドバイザー的な会社、双方につき売り買いの仲介をする仲人のような会社、大企業に強い会社、中小企業を専門とする会社と、誠に様々です。
 さらにM&A業務は財務知識や会計知識、税務知識、法律に関しての知識が必須になります。そこで自社のニーズを明確にし、どの専門技能に特化しているか、過去に実績のある専門分野は何かなど、自社にとって有益なM&A仲介会社であるか確認しておく必要があります。

Point 3 報酬体系

 M&A仲介・アドバイザーの報酬体系の、基本的な算出方式は着手料+中間料+成功報酬となります。完全成功報酬で業務を遂行している会社もありますが、案件の規模が大きい場合や複雑な場合、成約するまで時間とコストがかかるので、リテイナーフィーや中間料を要求されることがあります。

 中には成功報酬だけで着手料等がゼロの仲介会社もありますが、そのような場合、売り手・買い手の真剣度合いにも影響を及ぼします。
 成功報酬はほとんどの会社がリーマン方式(取引金額に一定の料率をかける)を採用していますが、取引金額の考え方については、業者によって異なりますので、事前に確認が必要です。取引金額の考え方には、下記のようなものがあります。算出方法次第で、M&A仲介会社に支払う手数料、手取り額が変動します。

 これとは別に、デューデリ費用や税金などM&Aには多額の費用がかかります。報酬以外にかかる費用を正確に見積もっておかないと、あとで「こんなはずではなかった」という結果をまねきます。

<取引金額>
●株式譲渡価格をベースに算出
●移動総資産(=株式譲渡価格+有利子負債)をベースに算出

Point 4 担当者の熱意と相性

  実務を行う担当者との相性や前向きさでM&Aが成約されると言っても過言ではありません。時間に制約が多い中での細かい業務をこなす、担当者のフットワークの良さは重要です。またM&A業務は長時間にわたって社長や経営者と関わりますので、人間的な相性や担当者のコミュニケーション能力も重要なポイントになります。

 

 


M&A仲介会社に関係する関連記事まとめ