介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

58 views

失敗しない縦型冷凍・冷蔵庫の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 適切なサイズや容量を確認していない
  • 必要な機能を取捨選択していない
  • 省エネ性能が備わっていない

 縦型冷凍・冷蔵庫は容量が大きく、大量の食品を長期保存することが可能です。
 選択にあたっては、まずサイズと容量を適切なものにします。さらに近年は、色々な機能を持った冷凍・冷蔵庫が存在します。その中で今、本当に必要な機能と将来的に必要となる機能をしっかり見定めて、機能を取捨選択していくことが大事です。
 また、冷凍・冷蔵庫が消費電力において占める割合は非常に大きなものであるため、省エネ性能を確認しておくとよいでしょう。

Point 1 適切なサイズや容量を確認する

 縦型冷凍・冷蔵庫は容量が大きければ大きいほど、大量の食品を保存することができます。
 ただし、容量が大きくなるほどサイズも大きくなるため、設置スペースが必要になりますので、事前に適切なサイズや容量を確認することが大切です。
 設置スペースが、どの程度までなら確保できるのかについては、設置予定箇所の現地の間取りを確認し、実際に、どの程度の食品を保存する必要があるのかは、過去のデータや今後の計画などから定量的に割り出して決めていきましょう。
 なお、設置スペースは扉を閉めた状態だけでなく、必ず扉の開閉時に必要なスペースも含めて確認するようにします。近年では扉の開閉も従来のような片側から開くタイプだけでなく、左右どちら側からでも開けられるタイプや、真ん中で2枚に扉が分かれた観音開きタイプのものも存在します。特に観音開きタイプは扉前面に必要な開閉スペースが半分のサイズで済む上に、開閉時に冷気が外に漏れにくいというメリットがあり、近年の主流となっています。
 家庭用の容量の目安としては、家族の人数が基準となります。ひとり当たり必要量がおおよそ70リットルとし、それに人数をかけた数に、常備品や予備として100~170リットル程度を足した容量が基準となります。なお、業務用の場合は事業の内容によって、大幅に変化するためこの限りではありません。

Point 2 必要な機能を取捨選択する

 冷凍・冷蔵庫は、今や様々な機能が追加されていますが、基本的に高機能・多機能なものになるほど高価になっています。使わない機能に高いお金を払う必要はありませんので、本当に必要な機能と将来的に必要な機能を見定めて、取捨選択していくことが大切です。
 冷凍・冷蔵庫の主な機能としては以下のようなものが挙げられます

■ 自動製氷

 給水タンクに水を入れておけば自動的に氷を作ってくれる機能

■ 独立製氷室

 製氷室を独立させることで食品のにおいが移ることを防ぐ

■ 切り替え室

 冷蔵、冷凍、野菜室など用途に応じて庫内温度を任意に設定できる

■ 液晶パネル

 庫内の運転状況を表示する。扉の開閉なしでパネル側から設定変更もできる。

■ 耐熱トップテーブル

 冷蔵庫の上に電子レンジやオーブンなどを置いても庫内に影響が少ない。

■ 脱臭

 庫内の空気を脱臭する。除菌機能がついたものもある。

Point 3 省エネ性能を確認する

 冷凍・冷蔵庫は24時間365日電源を入れたまま使用することが基本となります。そのため、消費電力の占める割合はかなり大きなものとなります。容量や機能だけでなく、必ず省エネ性能を確認するようにしましょう。


縦型冷凍・冷蔵庫に関係する関連記事まとめ