介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

75 views

失敗しない経理アウトソーシング会社の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 価格だけで選びニーズに合っていない
  • 情報管理が徹底されていない
  • 付随サービスが充実した業者ではない

 記帳代行・経理代行サービスとは、自社に経理担当を雇用せず、経理業務をアウトソーシングすることです。代行を受け付ける内容は業者によって異なるため、自社の必要な内容を委託するようにしましょう。選定にあたっては単に格安であるということだけでなく、適切なコスト削減努力を行っており、なおかつ顧客情報の管理が徹底した業者が良いでしょう。

Point 1 代行業務の内容

 企業はその規模次第では、自社に経理専門の担当を雇用する場合よりも、外部業者に経理業務を代行させ、管理だけを行う方が人件費を抑えられ、経費削減につながる場合があります。
 単に経理担当を通年雇用することの人件費が浮くだけでなく、業務を効率化し、本業や重要業務に専念できるメリットもあります。また個人事業主にとっては、会計や税務に関する勉強をせずとも容易に確定申告ができるというメリットも存在します。
 さらに、プロに任せることで、自社だけでは気づきにくかった新しい視点の業務改善点が見えてくる場合もあります。

 記帳代行・経理代行サービスには様々な種類があり、事務全般を代行する会社から、特定の業務を代行する会社まであります。まずは自社が業務を委託しようとする内容を絞り込み、それについて代行を受け付けている業者を選ぶことが必要です。
 経理代行サービスの主な内容としては以下のようなものが挙げられます。

・小口計算:交通費や小学の領収書の経理
・記帳代行:既定の雛形に入力する伝票情報を記帳
・月次決算:期初計画の進行度を月ごとに把握する帳簿記入
・売掛金、買掛金管理:入金や支払に関する報告書作成
・勘定科目残高照合:帳票上の金額と実際の預金残高の照合
・その他:請求書発行、給与計算、固定資産管理など

Point 2 代行コスト

 料金は格安であることに越したことはありませんが、ただ単に格安を謳っている業者と、質を落とさずに適正にコストを下げる努力をする業者とでは大きな差があります。中には海外に記帳業務の拠点を構えて格安で対応する業者も存在しますので、その場合は品質面のチェックが必要です。

 適正なコストを下げる努力の例としては、繁忙期を避けるスケジュールを調整する場合や、対応のための期間を長めに調整する場合などが挙げられます。このような現実的な手段で質を落とさずコストを下げる努力を行っている記帳代行・経理代行サービス業者は信頼できると言ってよいでしょう。

Point 3 情報管理の徹底

 企業の経理情報は、競合する他社から見て極めて重要な価値を持っています。そのため顧客情報を漏えいすることがないよう、管理が徹底した業者を選択することが重要です。
 守秘義務契約を結ぶことは当然として、給与計算といった個人情報が関わる場合はプライバシーマークを取得しているかどうかについても確認することが必要です。中には海外に記帳業務の拠点を構えて格安で対応する業者も存在しますが、そのような場合も情報管理レベルを厳しくチェックしましょう。

Point 4 付随サービス

 記帳代行や経理代行サービス業者の中には、税務関係の手続き代行や、経理業務を最適化するためのコンサルティングサービスを行っている業者もあります。もし日常業務の代行が不要であったとしても、なにかのときに、すぐにアドバイスを受けることのできる業者であれば、経営判断が迅速に行えるというメリットがあるため、予算に余裕があれば検討してみるとよいでしょう。

 

 


経理アウトソーシング会社に関係する関連記事まとめ