介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

29 views

失敗しない社宅管理サービスの選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 社有社宅と借上社宅との管理項目の違いを把握していない
  • 外部委託のメリットを把握していない
  • 過去の実績や経験を確認していない
  • 費用を明確にしていない
  • サポート体制を確認していない

 社宅の種類には社有社宅と借上社宅があり、管理項目が違います。社宅の管理はなにかと煩雑ですが、社宅管理サービスに外部委託することで本業の効率を上げられるメリットが生じます。
 社宅管理サービスを選ぶ際、過去の実績や経験を確認し、信頼のおける業者を選びましょう。また、事前に詳細な見積もりを出してもらい、費用を明確にしてから契約することが大切です
 社宅管理はその性質上、業務が一時期に集中しますし、平時でも突然のトラブルなどが考えられます。そのような場合でも迅速なサポートがとれる体制があるかを、確認しておくとよいでしょう。

Point 1 社有社宅と借上社宅との管理項目の違いを把握していない

 社宅は、土地と建物を会社が所有する社有社宅と、一般の賃貸物件を会社で借り上げて従業員に与える借上社宅に分けることができます。社有社宅と借上社宅とでは、管理項目に違いがあることを把握しておきましょう。
 社有社宅の場合は、主に資産管理、設備管理、入退去管理などを行う必要があります。
 借上社宅の場合は、従業員への物件を斡旋、入退去管理、契約管理、支払管理、預入金残高管理などがあります。

Point 2 外部委託のメリットを把握する

 業務の一部を外部業者へ委託するメリットは、管理業務による本業への圧迫を避けることで、本来の業務へ人的リソースを集中させ、トータルコストを低減できることにあります。特に借上社宅の管理は手がかかるため、社宅管理サービスに委託することが多くなっています。
 借上社宅の管理が難しい原因としては、多くの場合、家主が個人であるため契約や交渉が難航することが多い、即時入金が必要であり締め支払い通りにいかない、敷金などの管理が必要、地域により商習慣が異なる、管理業務が異動や転勤の時期に集中する、配属のスケジュールに融通がきかなくなる、などが挙げられます。その他にも契約金や敷金、家賃の入金、敷金返還管理などが家主ごとにバラバラに必要となります。
 これらの煩雑な業務を社外の社宅管理サービスに委託すれば、多くの人的資源や時間を本業に集中投入することが可能となります。外部委託にかかる目先の費用だけでなく、そのメリットも把握し、トータルコストの削減を考えていくことが大切です。

Point 3 過去の実績や経験を確認する

 社宅管理サービスに業務を依頼する場合、その業者の過去の実績や経験を公式Webサイトなどで確認し、実績と経験豊富な業者を選ぶようにしましょう。

Point 4 費用を明確にする

 社宅管理サービスは、その規模や内容によって費用がちがいます。必ず事前に詳細な内訳のある見積もりをもらい、費用を確認して契約するようにしましょう。

Point 5 サポート体制を確認する

 社宅管理はその性質上、異動や転勤の多い年度末などに業務が集中します。そのような中でもしっかりサポートしてくれる体制があるかを、確認しておくとよいでしょう。
 また夜間にカギをなくした、強風で破損したなど、突然のトラブルにも迅速に対応してくれることも条件に入れておきましょう。


社宅管理サービスに関係する関連記事まとめ