介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

111 views

失敗しない産業廃棄物処理業者の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 許可の種類を確認していなかった
  • 収集車両、従業員数を把握していなかった
  • 処理フローが明確にされていなかった
  • 従業員の対応が悪かった

 産業廃棄物処理とは、廃棄物に関する法律で定められた処理・清掃を行うことです。産業廃棄物の処理責任は排出事業者にあり、一般廃棄物とは取り扱いが異なるため、一般用の処理施設で処分できません。処理処分の許可を受けた事業者に委託するよう義務づけられているのです。

こちらもあわせて読みたい

Point 1 許可の種類を確認する

 産業廃棄物を処理・処分するためには、都道府県ごとに決められた許可(産業廃棄物収集運搬許可)を有している必要があります。許可された業者は、必ずウェブサイトなどに運搬許可番号を明記しています。悪質な業者を選んでしまうと、山奥にゴミを投棄するなど、違法行為を行うこともあります。
 また、対応する許可によって処理できる品目も違います。自社が依頼する業者に連絡を取り、処分対象となっているものが適切に処理できる業者であるかどうか、確認しましょう。

Point 2 収集車両、従業員数を把握する

 委託する業者が適切な免許を持っていた場合でも、業者が所有する収集車両の種類、数を確認しましょう。適切な収集車両を保持している業者の場合、作業は迅速に行っています。保有台数が少ない業者に依頼する場合は、事前に予約するなどして、回収日に確実に回収してもらいましょう。
 従業員数が多い業者を選ぶことで、業者が忙しい時期においても回収を行ってもらえる可能性があります。業者のWebサイトを確認するなどして、車両の種類や保有台数、従業員数を見ましょう。

Point 3 処理フローの明確化

 産業廃棄物は、その品目により処理方法が違います。業者が適切に廃棄物を処理しているか、ひとつの指針として、公開されている処理フローを見てみましょう。処理フローとは、契約から処理するまで、どのような行程で処理を行うか明示されているものです。品目ごとの処理方法や、回収先などを明記することで、利用者にわかるようになっています。
 処理フローを公開していて、その内容が適切であると判断できる業者を選択しましょう。

Point 4 従業員の対応を確認する

 業者を選定するうえで、重要なポイントとなるのが従業員の対応です。電話の受け応えなどから、従業員への教育がいきわたっているか確認します。自社の産業廃棄物を処理するため、社内や工場に出入りし、人と交流する場合、適切な対応ができる業者を選択することで、気持ち良く仕事をすることができます。
 また、直接処分場内に行き、従業員の対応や処分場内が廃棄物でいっぱいになっていないか現場で見ることをお勧めします。スペースが廃棄物でいっぱいの業者は、自社で処分できなかったものを、どこで処理するかわからないため危険です。
 よりくわしく業者を確認し、適切に処理するようにしましょう。


産業廃棄物処理に関係する関連記事まとめ