介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

58 views

失敗しないピッキングシステム会社の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 商品形態やコストパフォーマンスが合わない
  • 人的ミスが起きる
  • ロボットが商品を認識できない
  • 導入前後のサービスが悪い

 問屋や倉庫での商品仕分けをするピッキング作業。倉庫にある商品を小売店の注文ごとにそろえ、詰め合わせる作業で、大きく分けると歩きながら棚から商品を揃える「摘取り形ピッキング」とそれぞれの棚ごとに担当者を決めて、コンベヤなどで流れてくる箱に担当の商品を入れていく「種蒔き形ピッキング」があります。ピッキングシステムはベルトコンベア、ロボットなどを使い、ピッキング作業を自動化するシステムの総称です。

Point 1 商品形態やコストパフォーマンス

 自動化したピッキングシステムの方がコストも低く、ピッキングスピードが速いという声があります。でも少ない品物を扱う場合や自社が新しく借りる倉庫の規模によっては、人力の方が良いときがあります。ピッキングシステム会社を選ぶ場合、商品形態やコストパフォーマンスなどを考慮して、それに見合うシステムを提案し、導入できる会社を選ぶべきです。

Point 2 人的ミスに注意する

 伝票を頼りに行うピッキングは、導入には一番安価ですが、伝票の確認、商品探しの過程が必要になります。ある程度の熟練が必要で、たとえ熟練した者でも、商品を取り間違えるピッキングミスが起こる場合があります。
 それを避けるためには、コストが合う範囲内でベルトコンベアを導入し、一人の担当者がカバーする範囲を減らしたり、あるいはロボットを導入するなどを検討しましょう。

Point 3 ロボットと人間の作業を比較

 ロボット化すると処理速度が上がり、24時間稼働できるようになります。しかし、その分メンテナンスが必要です。また、新しい商品を認識できない、複雑な商品には対応できないなどのトラブルも起こります。そのため、人間の作業とロボットの作業のどちらが向くのかを真剣に考え、提案してくれるピッキングシステム会社を選ぶと良いでしょう。

Point 4 導入前後のサービスについて

 取り扱う商品は変わる可能性がありますし、システムが老朽化する可能性もあります。説明を受けたときは、斬新なシステムでコストも合い、利用目的に一致していると思っても、実際に運用してみると駄目という場合が多々あります。
 契約時に試用期間を設ける、あるいはシステムが合わなかった場合の変更措置がある、もしくは実際の導入例を見学できるなど、導入前後のサービスを、しっかりと確認したうえでピッキングシステム会社を選ぶようにしましょう。


ピッキングシステム会社に関係する関連記事まとめ