介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

146 views

失敗しない什器やオフィス家具業者の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • トータルコストで考えていない

  什器やオフィス家具の選択は、機能性とデザイン性と予算との兼ね合いで選んでいくことになります。機能性を重視するのか、高級感を重視するのかは会社によって様々ですが、いずれにせよ自社の方針に沿った什器やオフィス家具を適切にそろえられるよう、種類の選択や導入形態をしっかり検討していくことが大切です。また、高級感を演出するのか、事務的な什器備品で良いのかなども、オフィスや部屋の内装にも左右されます。社長室と作業室では異なるように、適材適所な家具を揃えたいものです。

Point 1 最適な導入方法を検討する

 什器・オフィス家具の導入には、機器を購入する、レンタルする、リースにするの三つの手法があります。導入形態の決定には自社がそのオフィスでどれくらいの期間事業を行うのか、といった長期的なビジョンも重要な判断基準になってきます。目先の金額ではなく、長い目で見たトータルコストを安価にすることが大切です。

■購入

 新規購入であれば新品を使うことができますが、初期費用が割高になります。ただし一度購入してしまえばそれ以上の支払いはありませんので、長期的なランニングコストは安くなります。
 中古購入の場合は、かなり格安で求めることができます。ただし、故障やすぐに破損してしまい、結局買い直して高くついてしまうリスクはありますので、できるだけ現物の程度を確認するようにしましょう。

■レンタル

 レンタルは業者から中古を借りる形になります。必要がなくなれば、いつでも中途解約できる点もメリットです。物品の管理は業者が行います。ただし月額費用は割高になるため、ごく短期的な使用の場合にお勧めです。

■リース

 リースは業者が代理で新規購入したものを、自社が長期契約で借りるという形になります。新品を安い月額費用で使うことができるようになります。ただし中途解約ができない、物品の管理も自社で行わなければならないというデメリットがあります。もしも、ごく短期の事業計画であるならば、レンタルの方が割安ですむ可能性があります。

Point 2 自社のオフィスに必要なものを確認する

 オフィスで一般的に必要とされる什器・オフィス家具は以下のようなものが挙げられます。現在の社員数や職種も踏まえた上で、将来的な拡張性も含めてレイアウト設計を行っていけばトータル的に無駄なコストも削減していくことができるでしょう。

■購入

 新規購入であれば新品を使うことができますが、初期費用が割高になります。ただし一度購入してしまえばそれ以上の支払いはありませんので、長期的なランニングコストは安くなります。
 中古購入の場合は、かなり格安で求めることができます。ただし、故障やすぐに破損してしまい、結局買い直して高くついてしまうリスクはありますので、できるだけ現物の程度を確認するようにしましょう。

■デスク

 一般事務や営業職などは四角形のデスク、エンジニアやデザイナーは波型やL字型などのように、仕事の特性を含めた選択をしましょう。

■チェア

 デスクワークの長い職種では、特にチェアのすわり心地を重要視することが生産性に結び付きます。

■キャビネット(収納)

豊富なデザインや種類が存在します。具体的に何を収納するのかを明確にした上で、それに適した使い勝手の良いものを選ぶと良いでしょう。

■ミーティングテーブル

 社員数やオフィスの大きさを踏まえた上で最適なものを選ぶようにしていきましょう。特にノートパソコンなどを利用することが多い場合は、電源コンセント付きのテーブルが便利です。

■応接セット

 昔は高級感のある応接セットが重視されましたが、最近ではミーティングテーブルの上位品などで機能性、合理性を求める流れもあります。自社の業種や方向性に応じて選択するとよいでしょう。

■パーテーション

 従業員の意見を参考に、自社の社風に沿ったものを選択していきましょう。


什器・オフィス家具業者に関係する関連記事まとめ