介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

128 views

失敗しないプレスリリース配信会社の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 配信相手を間違えた
  • メディアの目に止まる原稿ができない
  • 費用対効果の見込みが甘い

 プレスリリースとは、報道機関に向けた報道・発表のことです。プレスリリース配信会社は、自社が持つ配信先メディアのリストへ、メールやFAXでプレスリリース記事を配信代行するサービスです。

Point 1  プレスリリース配信先メディア

 プレスリリース配信はマス広告とは違いますので、必ずしも掲載されるとは限りませんし、対象とならないメディアに配信しても読まれることすらありません。事前に配信先メディアが、自社のニーズや特徴、規模に合っているかを確認することが大変重要です。 例えば、御社が創業間もない名も知られない会社であれば、いきなり全国ネットのテレビ番組で放映される可能性は少ないでしょう。新しい製品やサービスの情報を、多くのメディア、大手のメディアに配信できることよりも、確実にターゲットに到達するメディアに配信できるかどうかを事前チェックしましょう。

Point 2  プレス原稿作成アドバイス

 配信先のメディアは毎日山のように送られてくるニュースの中から、自分たちが面白いもの、興味のあるものだけをピックアップします。メディアの記者や担当者が読みやすく、理解しやすいように工夫することが大切です。
 プレスリリース会社は配信先の選定だけではなく、原稿作成のアドバイス、あるいは原稿作成の代行も行っています。どの程度一緒になって考えてくれるかを確認すると良いでしょう。

Point 3  オプションサービス

 プレスリリース配信会社も、メディア向けにプレスリリースを配信するだけでなく、自社が運営するポータルサイトで情報を直接提供したり、エンドユーザーを会員化し電子メールやメルマガで情報配信するオプションサービスもあります。
 また、マスメディアと同等以上に影響力のある著名ブロガーへの配信なども行い、口コミで情報が拡散するようサポートするサービスもありますので、プレスリリース配信を検討する際にはこれらサービスも同時に確認すると良いでしょう。

Point 4  プレスリリース配信の効果測定

 プレスリリース配信後の効果測定をウェブの管理画面から行うことや、レポート形式で提供するサービスもあります。リアルタイムに情報を共有したい場合は、ウェブ上での閲覧が可能なサービスを選ぶのが良いでしょう。

 プレスリリース配信は時間や費用を掛けて行います。費用をかけ続けても全く掲載されないことも考えられますので、配信効果は必ず確認し、継続、停止、方法変更等の意思決定が必要になるでしょう。


プレスリリース配信会社に関係する関連記事まとめ