介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

105 views

失敗しないネット通販用在庫管理システムの選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 自社に必要な機能を備えていない
  • 出店している通販モールに対応していない
  • セキュリティが弱く、トラブルに対応できない

 在庫管理ソフトとは、自社で運営するネットショップなどの商品在庫数や注文を管理するためのソフトで、受注に関する販売金額や入金期日、出荷だけではなく商品の発注や集客のデータを分析するためにも使用されています。

Point 1  機能

 管理ソフトの機能はソフトによって異なります。必要以上に高機能なソフトを導入する場合、コストが高くなる可能性がありますので、下記のさまざまな機能を参考に必要な機能を持つものを選択しましょう。

■ 受注管理機能

商品の受注状況を管理する機能です。複数のネットショップを運営している場合、商品の受注状況を一元管理することが可能です。

■ 在庫管理機能

商品の在庫状況を管理する機能です。運営するネットショップの在庫状況を適時更新する機能を持つソフトを導入するようにしましょう。

■ 出品管理 / 商品登録機能

運営するネットショップに商品を出品、登録する機能です。運営する複数のネットショップに対し、一括で出品・登録できるソフトもあります。また、商品画像などを一括で出品・登録可能なものもあります。

■ メール管理機能

顧客に対するメールを自動化するための機能です。受注、出荷、キャンペーンメールなどを自動化させることが可能です。テンプレート登録件数を確認しておきましょう。

■ 売上分析機能

商品の売上高から客単価、原価分析、粗利分析を行う機能です。自社に必要な売上分析データを自動で算出できるソフトを選びましょう。

Point 2  対応する通販サイト

 自社が出店している通販モールに対応したソフトであるかを確認しておきましょう。また、自社サイトで運営するネットショップについても一元管理できる機能を持っていると便利です。

Point 3  契約形態を選ぶ

■ 自社運用型(オンプレミス)

 企業の業務システムなどで、自社で用意した設備にパッケージのソフトウェアなどを導入・利用します。
クラウド型よりも社外へ情報が漏れる可能性が低く、既存ソフトウェアとのサーバ上で統合しやすい、サーバ内でソフトウェアのカスタマイズがしやすいのがメリットです。
 一方でサーバ購入、ソフトウェア・ライセンス購入など初期費用に多額の費用を要し、サーバ管理やメンテナンス費用などが別途かかります。またインフラ調達に数週間から数ヶ月かかるデメリットがあります。

■ クラウド型

 クラウド型とはインターネット上のサーバを利用してソフトウェアを利用する形態を指します。利用者はインターネット環境さえあればどこでも利用できます。オンプレミス型とは異なりサーバなどの設備やその保守の必要がないため、比較的低コストで利用できます。
 初期費用は無料、また従量課金制のため利用アカウント数や期間に応じた導入が可能で、アカウント登録の後、すぐ使うことができるのと、煩雑な設定なしにモバイルからのアクセスが可能なのがメリットです。
 一方で、外部サーバとのネットワークを介してアクセスするため、セキュリティ面で多少のリスクを伴うこと、カスタマイズ性が限定的であることなどがデメリットです。

Point 3  サポート体制

システム導入後のサポート体制も、選定の重要なチェックポイントです

■ 稼働サポート

 専門スタッフによる機能説明や初期設定のアドバイス、活用方法の指導をユーザーの状況に即して、迅速、正確にシステムを立ち上げるためのサポート体制があるか。

■ 保守・運用サポート

 専用窓口を持って、障害やトラブル等の問題発生時に24時間365日迅速に対応が出来るサポート体制があるか。トラブルシューティングの蓄積があり、問題に対して組織的に対応可能か。担当者の人的対応力は高いか。また専門窓口は電話やメールによる対応はもちろんのこと、必要によっては担当者が直接派遣される仕組みがあるか。また、これらサポートの費用が有料・無料かを確認しましょう。

■ 機能変更

 自社の方針変更に伴う機能の追加や変更依頼に対応する体制があるか。

 比較的、運用中に問い合わせが発生しますが、安価なサービスということもあり、ともするとサポート体制は手薄になりがちです。その点も確認しておきましょう

Point 4  サポート体制

 システム導入後のサポート体制も、選定の重要なチェックポイントです

■ 稼働サポート

 専門スタッフによる機能説明や初期設定のアドバイス、活用方法の指導をユーザーの状況に即して、迅速、正確にシステムを立ち上げるためのサポート体制があるか。

■ 保守・運用サポート

 専用窓口を持って、障害やトラブル等の問題発生時に24時間365日迅速に対応が出来るサポート体制があるか。トラブルシューティングの蓄積があり、問題に対して組織的に対応可能か。担当者の人的対応力は高いか。また専門窓口は電話やメールによる対応はもちろんのこと、必要によっては担当者が直接派遣される仕組みがあるか。また、これらサポートの費用が有料・無料かを確認しましょう。

■ 機能変更

 自社の方針変更に伴う機能の追加や変更依頼に対応する体制があるか。

 比較的、運用中に問い合わせが発生しますが、安価なサービスということもあり、ともするとサポート体制は手薄になりがちです。その点も確認しておきましょう


ネット通販用在庫管理システムに関係する関連記事まとめ