介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

30 views

失敗しないドメイン取得業者の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • サポートがない

 ドメインとは、ネットワークに接続されているコンピュータの位置を示すもので、インターネットにおける住所のようなものです。ドメインの取得は先着順であり、すでに取得されているドメインは申請しても取得することができませんので、自分の取得したいドメインがまだ申請されていないものであれば、できるだけ早く取得しましょう。

Point 1  扱うドメインの種類を確認する

 ドメインには様々な種類があり、業者によっては扱う種類が限られる場合がありますので、自社が必要とするドメインを扱う業者を選択しましょう。

■ gTLDドメイン

世界中の誰もが取得可能なドメインです
主なものに、以下のものがあります
 com・・・ 商業組織用
 net・・・ ネットワーク用
 org・・・ 非営利組織用
 info・・・ 制限なし
 biz・・・ ビジネス用

■ 汎用jpドメイン

「.jp」は日本に居住する人が取得可能なドメインです。.jpの前に英数字、漢字、ひらがな、カタカナを付与することができます。

■ 属性型jpドメイン

「.co.jp」「.go.jp」「.ed.jp」など、組織の属性を示すことのできるドメインです。ドメイン取得の際には、証明書類を提出する必要があります。

■ 地域型jpドメイン

地域属性を表すドメインです。例えば「○○○.chiyoda.tokyo.jp」のように、組織・個人が「○○○」の部分を登録できる「一般地域型ドメイン名」と、「metro.tokyo.jp」(東京都)や 「pref.kyoto.jp」(京都府)などのように地方公共団体が登録できる「地方公共団体ドメイン名」の2種類があります。

Point 2  サービス機能

 ドメイン取得は、レンタルサーバーのドメイン取得サービスで同時契約するか、ドメイン取得サービスで取得するかのいずれかになります  レンタルサーバーの取得サービスを利用すれば、必要な設定が簡略化されたり、ドメインとサーバーの更新料金の支払いも効率的になり利点があります。
 したがってドメイン取得業者を利用する場合は、以下のようなサービスが必要である時に限られてきます。

■ WHOIS代理公開サービス

 ドメインを使用する際には、一定の情報を提供することが義務付けられており、検索のためのプロトコルWHOIS(フーイズ)を利用してドメインの登録者や問い合わせ先のEメールアドレスを確認することができます。しかし、個人情報を一般に公開することになりますのでプライバシーの問題があります。そこで、WHOISで公開される情報については、業者の情報を代理で登録することができます。多くの場合が無料ですが、業者によっては有料の場合もありますので、事前に確認が必要です

■ レジストラ移管受付サービス

 ドメインを管理する会社を別の会社へ変更することです。これにより、更新費用の安い会社へ変更することができます。中には、他の会社へレジストラ移管されないようにロックしている会社もあります。

■ サポートサービス

 格安でドメイン取得を行う業者には、電話での問い合わせを受け付けていない場合が多いですので、ドメインの設定でトラブルや不明点があっても十分なサポートが受けられません。必要な場合は、十分なサポートが受けられる業者を選びましょう。

■ ドメイン買い取りサービス

 使わなくなっったドメインを買い取るサービスです。歴史の長いドメインは検索エンジンで強くなるため、人気ドメインは高値で売買されます。


ドメイン取得業者に関係する関連記事まとめ