介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

131 views

失敗しないアドネットワーク会社の選び方


「こんなはずじゃなかった」トラブル原因

  • 料金体系や機能を理解していない
  • 運用目標を双方で共有できていない

 アドネットワークとは、複数のWeb上の広告媒体を集積し、広告配信ネットワークを形成するものです。複数媒体をひとつのネットワークとすることで、広告主側は一括して複数の媒体に広告を配信することが可能になりました。
 アドネットワークには、次のような機能も含まれます。
 媒体やアドネットワークの広告枠(AD)を交換(EXCHANGE)できる仕組み「アドエクスチェンジ」機能。オンライン広告にて、広告主(購入者)側の広告効果の最大化を支援する「デマンドサイドプラットフォーム(DPS)」の機能です。

Point 1 料金体系

 アドネットワークの料金体系は主に以下の4つがあります。種類により大幅に上下する可能性があるので、特徴をしっかり把握しておく必要があります。また、広告予算の上限に達した時点で配信を自動的に停止できるかどうかも事前に確認しておきましょう。

1.インプレッション課金型広告(IMP)
 広告の表示回数で収益が発生する。表示回数1000回ごとの収益を表すCPMが一般的。

2.クリック課金型広告(CPC)
 広告がクリックされた回数によって収益が発生する。クリック単価(CPC)×クリック件数によって収益を計算。

3.成果型報酬(CPA)
 広告のある一定の成果地点まで到達した場合に収益が発生する。コンバージョン単価(CPA)×コンバージョン件数(CV)によって収益を計算。

4.インストール課金型(CPI)
 アプリインストールで収益が発生するCPAの派生。インストール単価(CPI)×インストール件数によって収益計算。

Point 2 配信媒体

 アドネットワークを提供している業者は多種多様ですが、それぞれに得意分野があります。自社のニーズに合わせて比較検討しましょう。例えば、特定のWebメディアと提携していたり、スマートフォンに特化していたり、海外展開に強いなどがあります。
 また広告の展開規模も、とにかく多くの人に見てもらいたいのか、特定のターゲット層に見てもらいたいのかといった点にも注意してサービスを選ぶ必要があります。

Point 3 広告機能

 広告効果の高いものにするため、配信機能も自社のニーズと予算に応じて選んでいく必要があります。配信機能が充実していれば特定の地域や、特定のユーザー層に強くアピールしていくことができます。主な機能としては以下のようなものがあります。

1.行動ターゲティング
 「訪れたユーザーが過去にどんなサイトを訪問したか」を解析し、興味のある分野を抽出します。そのユーザーと似たような興味を持つユーザーに対して広告を表示し、高い広告効果を狙います。

2.リターゲティング
 一度サイトを訪問したユーザーが離脱した場合、後日そのユーザーに対して再度広告を表示させる機能です。興味のあるユーザーということは判明しているので高い広告効果が期待できますが、やり過ぎるとその企業に対する印象悪化をまねきます。

3 自動最適化機能
 広告バナーや媒体のクリック率を判別し、より効率の良い広告やメディアへの配信量を徐々に増やしていくため、より高い広告効果を期待することができます。

4 ジャンル指定配信
 掲載するサイトのジャンルを絞ることで興味のあるユーザーが広告を見ることになるため、広告配信量は減りますが費用対効果という面において高い効果が期待できます。

Point 4 出稿ルール

 業者によって、出稿ルールが異なります。入稿形式や、どのような広告表現ができるか、掲載されるまでにどのくらいの時間がかかるかを確認しておく必要があります。なお掲載されるまでの時間は、即日掲載できる業者から一週間程度かかる業者までさまざまなので比較して検討しましょう。

■ バナーサイズ

 バナーサイズが豊富な業者が望ましいでしょう。

■ 広告表現

 通常のバナー広告以外にも、枠を超えて広告サイズが拡大するエキスパンド広告や、ごく簡単なゲームのようなものができるプレイアブルアド広告などがあります。


アドネットワーク会社に関係する関連記事まとめ