介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

86 views

給与前払い制度がパートアルバイトの離職率改善に貢献


制作:経営会議ドットコム 広告企画グループ

給与前払い制度がパートアルバイトの離職率改善に貢献

労働人口の不足で優秀な人材の確保が難しい昨今、社員の定着率改善施策に企業の関心が集まっています。その中でもパート・アルバイト社員の離職率改善に貢献すると考えられる「給与前払い制度」についてご紹介します。

「給与前払い制度」とは、定期的な給与支給日前に、その期間内の給与の全部または一部を働いた分だけ、好きな時に前借利用できる制度のことです。
基本的に会社は定められた支給日に給与を払っていれば、会社は前払いに応じる法的義務はありません。 しかし給与の受取日を自分の意志で決められることは、冠婚葬祭などの思わぬ出費や、引っ越しや上京に伴いすぐにお金が必要など緊急の場合などは特に、従業員にとっては有り難い話です。
この従業員前払い制度を、社員の福利厚生施策として採用し、パートアルバイト社員の囲い込み策として活用する企業も出て参りました。

福利厚生としての給与前払い制度


企業の福利厚生の目的は、従業員の経済的保障を手厚くすることにより、会社へのロイヤリティや帰属意識を高め、個々の組織貢献度や生産性を高めることです。また、優秀な人材を調達する採用戦略としての側面や、社内に囲い込むための引き留め策としての側面もあります。

福利厚生の取り組み内容は企業によって様々ですが、昨今は経費削減のため内容の見直しや、より金銭的報酬に比重を置いたり、福利厚生サービスを専門にする企業へのアウトソーシングに切り替えたりなどしています。
企業の福利厚生施策は、住宅関連、健康・医療関連、育児・介護関連、慶弔・災害関連、レクリエーション関連、自己啓発・能力開発関連、財産形成関連の大きく7つの分野があり、給与前払い制度は、貸付金制度や社内住宅ローン融資、社内預金等と共に財産形成関連に含まれます。

給与前払いシステム、3つの導入効果


株式会社Payment Technology(本社:東京都文京区)の給与前払いシステム「前払いできるくん」は企業・従業員のための新型の福利厚生サービスです。
導入企業の従業員なら、24時間365日いつでも、上司の許可なく、自分のスマホ・PCから申請できる手軽さも魅力の一つ。15時までに申請すれば最短で翌営業日に指定口座に振り込まれます。

働いた分だけすぐに現金化できる本システムを導入すれば、「応募人数の向上」「離職率の低下」「従業員の間接的経済状況の把握」の3つの雇用改善効果が期待できます。

初期費用やランニングコストは無料


「前払いできるくん」導入について、初期費用や毎月のランニングコストは不要です。
専用スタッフ、専用問い合わせ窓口も全て株式会社Payment Technologyがサポート、導入後の社内工数はほとんどかかりません。

利用者からは「友人の結婚式の資金を前借りすることが出来て助かりました。」(スーパーマーケット主婦)や、「バンド活動で急にお金が必要になったときはシフトを優先してもらい、現金化をするので本当に重宝しています。」(飲食店フリーター)など喜びの声が多く寄せられ、「これまで掛け持ちバイトをしてきたけど、給与前払いシステムが助かるので、こちらの会社の方を優先せざるを得ない」となるようです。

「日払い制度」はなぜ必要とされるのか?


日本銀行の「家計の金融動向に関する世論調査2016年」によると、「2人以上世帯で3人に1人」、「単身世帯で2人に1人」が手持ちの資産がゼロであると言われています。
つまり不慮の事故や病気などでお金が必要となった時など、給与を働いた分だけ好きな時に現金化できる制度は、社員の生活を守るためにも必要な制度です。

日本は人口不足による労働力人口の減少という大きな問題に直面しています。
そのような中、能力や勤労意欲があるにもかかわらず、育児や介護などで労働時間に制限が生じ、パートアルバイトという雇用形態を選択する方が増えており、優秀な彼らを上手く採用・活用することは、企業において重要なポイントとなっています。

「給与前払い制度は」、従業員を大切にする福利厚生の充実した企業と求職者から理解され、従業員のモチベーションと定着率を上げ、効果的に優秀な人材確保ができる制度です。

ATカンパニー株式会社が紹介する「前払いできるくん」の詳しいご案内は、こちらからダウンロードできます。

*「前払いできるくん」の資料ダウンロードはこちら*

前払いできるくん

本テーマに関係する関連記事まとめ