介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

484 views

[社長インタビュー]経営者から若手社員まで、誰が使っても効果が出る経営メソッドを開発しました


制作:経営会議ドットコム 広告企画グループ

本日は関西・東京を中心に、経営者の社外ブレーンを育成する『サムライコンサル塾』を運営されるマックスビジョン株式会社の代表取締役、柳生雄寛様にお話しを伺いたいと思います。
柳生様、本日はよろしくお願いいたします。

■何故、サムライコンサル塾を作ろうと思われたのですか?


日本を元気にしたいからと言うのが理由ですね。
今、日本の企業は400万社あって、今までは大企業が中心となって経済を引っ張っていましたが、国内企業の内92%が従業員30人以下の企業であり、日本の経済を活性化しようと思ったら、そういった日本経済の土台を担っている中小零細企業の活性化が欠かせないのです。

ところが今まで色んな中小零細企業を見てきましたが、その人たちはみんな経営がうまいのかと言うとそうでもなく、どちらかと言うと職人の方が多いです。料理ができるから飲食店をやる、髪の毛をカットができるから美容室をやる…昔はそれでもよかったのですが、今はそれではだんだんと生き残れなくなってきました。

しかし、残念な事にそういった中小零細企業の方にとって経営を学ぶ場はとても少ないです。机上の空論で形だけ教えるものは探せばあるけれども、実践で使えるものと言うのはかなり少ないのです。

そこで、経営者の相談相手として経営者に接する事が多い、士業や保険の営業マン、広告代理店などの方に、お付き合いしている経営者の本業について経営のアドバイスもできるノウハウを伝え、それぞれの事業を成功に導く事をしようと考えてサムライコンサル塾を作りました。

それぞれの業務の付加価値として【お付き合いしている会社の事業を成功に導く】事ができればWIN-WINの関係を作る事が可能になになります。WIN-WINの関係性が作れるようになれば実績がどんどんと増えていく、実績が増えると言う事はみなさんが儲かるようになっている事であり、そうなれば関わった人みんなの事業がうまくいく、みんなの事業がうまくいくと日本が元気になると考えています。

■実際に受講されているのは士業、保険、広告の方が中心ですか?


それに限った話ではないですね。
経営者の社外相談相手として一番企業経営に近い分野で活躍されているのがそういった方だったと言うだけで、その方だけに向けたものではありません
例えば、企業のナンバー2の方が経営トップの方の右腕として手腕を振るわれるケース、事業の担当の方などがその事業を成功に導くために導入されているケースも多いかと思います。

■セミナーは将来独立を視野に入れた方に特化した内容になるでしょうか、それとも従業員の立場でも役立てる内容でしょうか。


どちらもあります。
士業の方ですと既に独立をされている、または将来独立を見据えている方が多いかと思います。しかしサラリーマンであったとしても「売り上げが作れない・リーダーシップが発揮できない」と言った悩みは、経営者と非常に通じる所があって、これらを解決する事で所属している組織全体が良くなっていくと言う意味では非常に効果があります。

本テーマに関係する関連記事まとめ