介護・スーパーマーケット・建築・不動産・飲食業界向けノウハウ・事例・提案資料が多数の情報サイト

290 views

時給1,000円・社保加入時代のパートの賃金管理

パートの賃金労務管理が大変だ!


制作:福田 秀樹氏 (特定社会保険労務士/株式会社福田式経営研究所 代表取締役)

時給1,000円・社保加入時代のパートの賃金管理

1.パートの賃金労務管理が大変だ!


パートの応募がサッパリ来ません。明らかに求人数と求職者数のミスマッチが起こっています。結果として最低賃金の上昇とあいまって、時給引き上げ競争の様相を呈しています。都心部の飲食店は時給1,100円を提示しても人がきません。

政府は一億総活躍社会として、最低賃金の全国平均を1,000円にすることを打ち出していいます。

2016年10月より週30時間以上勤務の従業員が500人超の会社は週20時間以上パート従業員も社会保険加入が義務付けされます。最低賃金の引き上げに加えて賃金の約16%の社会保険料の会社負担が増加します。3年以内に500人以下の会社も適用が予定されています。

年次有給休暇の強制付与制度(年間5日)も早晩法制化されるでしょうから、流通・外食の経営者が最も直視したくない「年次有給休暇」というパンドラの箱も開くことになります。

2.雇用管理区分を再考する


こうなれば、パートタイマーは「できるだけ短時間勤務で」「手取りを稼ぐ」希望がありますから、少なくともいち早く法改正が適用される上記500人超の会社は変化に直面せざるを得なくなります。

(今までのパートの雇用管理区分)

・ホドホドタイプ 週30時間未満勤務で年収103万円以下

・ソコソコタイプ 週30時間未満勤務で年収130万円以下

・バリバリタイプ 週30時間以上勤務で社会保険加入

(これからのパートの雇用管理区分)

・マッタリタイプ 週20時間未満で年収103万円(又は130万円)以下

・ホドホドタイプ 消滅傾向(週20時間の中途半端な勤務は×)

・新ソコソコタイプ 週30時間以上勤務で社保加入(年休はバッチリ取得)

・新バリバリタイプ 週35時間以上勤務で社保加入(年休はバッチリ取得)

3.マッタリタイプの例


マッタリタイプは難しい時間区分となるので、一部の子育て世代の女性が対象です。子育て世代で無い場合、3.75時間ずつパートの「掛けもち」もありえるでしょう。

・1日3.75時間×週5日勤務=週18.75時間勤務

・時給1,000円

・社会保険非加入

・年間収入 1,000円×週18.75時間×52週=975,000円(何も控除されずこれが手取り)

本テーマに関係する関連記事まとめ